ユナク

”違法賭博”SUPERNOVAユナク、ミュージカル「RENT」降板!「不注意な行為に責任を取る」

ユナク

海外での違法賭博で立件された事実が明らかになった人気グループSUPERNOVAのユナクが、日本で出演が決まっていたミュージカル「RENT」を降板することになった。SUPERNOVAの日本公式ホームページで16日、発表した。同HPでは「不注意な行為に責任を取り、出演を辞退することにいたしました」と報告した上でファンに謝罪した。

日本で根強い人気を誇るユナクとソンジェの軽率な行為による波紋が拡大している。

この日、SUPERNOVAの公式HPには「ミュージカル 『RENT』 ユナク降板のお知らせ」とのタイトルのお知らせがアップされた。それによると、「ミュージカル 『RENT』に、ロジャー役で出演を予定しておりましたユナクですが、今回の報道に関わる不注意な行為に責任を取り、出演を辞退することにいたしました」と降板の事実を伝え、「ユナクの出演を楽しみにして頂いておりました皆様にご心配、ご迷惑をおかけします事を深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

ユナクが出演する予定だったRENTは11月2日から東京・日比谷シアタークリエで開幕する予定だった。ユナクは2015年と2017年にロジャー役で同作品に出演していた。ユナクの降板を受けてロジャー役はCHEMISTRYの堂珍嘉邦と甲斐翔真の2人で務めることになった。

ユナクはSUPERNOVAのソンジェとともに、フィリピンで違法賭博をした疑いで、仁川(インチョン)地方警察庁・広域捜査隊によって在宅起訴された。2人は2016年から2018年まで、フィリピンのカジノで最大5000万ウォン(約450万円)を賭けてバカラ賭博をした疑いが持たれている。賭博をしたのは1、2回という。

2人は警察の取り調べに対し、「賭博をするためにフィリピンに行ったのではない」とし、「偶然現地で賭博をした」と供述しているが、聯合ニュースによると、2人は韓国でも違法なオンライン賭博を行ったとされる。ただ、これについては、1人だけとの報道もある。

このような事実が報道されると、所属事務所SVエンターテインメントは15日、「ユナクとソンジェは、旅行中に安易な考えで不注意な行動をしてしまったことに対し、深く後悔し、反省しております。これまで私たちを応援してくださったファンおよび関係者の皆様を失望させ、ご心配をおかけし、申し訳ございません」と謝罪した。

ユナク
最新情報をチェックしよう!