オ・イネさん、懸命の治療のかいなく死去 一時呼吸と脈拍が戻るも帰らぬ人に

オ・イネ
女優オ・イネさんが14日、仁川市内の自宅で意識を失った状態で発見され、病院で治療を受けたていたが、同日午後、死去した。36歳の若さだった。心肺蘇生術などにより一時は呼吸と脈拍が戻ったが、意識は戻ることなく帰らぬ人となった。死因については明らかになっていないが、警察は自殺したとみて、詳しい経緯を調べている。遺書はなかった。

オ・イネさんは14日午前5時ごろ、仁川・延寿(ヨンス)区松島(ソンド)国際都市にある自宅で心停止の状態で発見された。心肺蘇生術などの応急処置を受けながら近くの病院に運ばれ治療を受けたところ呼吸と脈拍が戻ったがが、最後まで意識は戻ることなく同日午後に死亡した。

最近ではYouTubeチャンネル「オ・イネな生活」を運営するなどしてファンとコミュニケーションを取っていた。しかし最近の映像では切迫した心境などを暗示していたといい、「ダイイングメッセージ」を送ったのではないかとの見方も浮上した。生前、公的な場で、悪質な書き込みに対する苦しみを打ち明けたりしたこともある。

オ・イネさんは亡くなる前日までInstagramで近況を報告。「久しぶりに週末ソウルデート。出発。皆グッド週末」という書き込みと共に華やかな花柄の衣装を着た写真で明るい表情を見せていただけに、ファンも衝撃を受けている。

2011年に映画映画「私たちの隣の犯罪」でデビューし、その後「赤いバカンス黒いウェディング」「マスタークラスの散歩-迷夢」「設計」「君に泳げ!」など数多くの作品に出演した。

遺体安置所は仁荷(イナ)大学病院の葬儀場に設けられており、出棺は16日。埋葬地は仁川家族公園だ。

関連記事一覧