• HOME
  • ニュース
  • HOT ISSUE
  • 賭博にまみれた芸能界 遠征賭博SUPERNOVAに続きコメディアンのキム・ヒョンインも摘発

賭博にまみれた芸能界 遠征賭博SUPERNOVAに続きコメディアンのキム・ヒョンインも摘発

キム・ヒョンイン
人気グループSUPERNOVAのユナクとソンジェがフィリピンで違法賭博をした容疑で立件されたのに続き、今度はコメディアンのキム・ヒョンインが、同僚コメディアンとソウル市内に違法の賭博場を運営して摘発されていたことが16日、分かった。複数の韓国メディアが報じた。芸能界における”賭博汚染”の拡大が懸念されている。

フィリピン遠征賭博容疑で立件されたSUPERNOVAのユナク、ソンジェに続き今度はコメディアンのキム・ヒョンインが摘発された事実が明らかとなった。

報道によると、キム・ヒョンインは同僚コメディアンのチェ某氏とともに、違法賭博場開設などの容疑で今月1日に裁判にかけられたという。

警察が調査した結果、2人は2018年初め、ソウル・江西区のオフィステルに違法賭博場を開設した後、ポーカーに似た「ホルダム」というゲーム盤を作り、数千万ウォンの掛け金がやり取りされる賭博を斡旋し、手数料を受け取っていたことが分かった

特に、キム・ヒョンインは、直接違法賭博に参加した容疑もかけられている。だが、「1度か2度の賭博をしたことは認めるが、違法賭博場を直接開設したことはない」と容疑の一部を強く否認したという。

キム・ヒョンインはMBCの報道番組「ニュースデスク」のインタビューに応じ、「違法賭博場を運営した事実はない。むしろ2年間、恐喝と脅迫に苦しめられ、(相手を)告訴する計画だ」とし、「私がチェさんにお金を借りたことを口実に、違法施設の運営に介入したとして脅迫し、金銭を要求した」と述べた。

キム・ヒョンインは2003年、SBS第7期公開採用コメディアンとしてデビューし、お笑い番組「ウッチャッサ」で人気を集めた。同番組終了後、tvN「コメディビックリーグ」に出演し、最近では刑務所に収監された人たちが食べる食べ物などをテーマにしたYouTubeチャンネルを運営していた。

一方、同僚コメディアンのチェ某氏についてコメディアンのチェ・グクの名前が浮上。これに関連してチェ・グクはこの日、OSENのインタビューに応じ、「キム・ヒョンインとは親しいが、違法賭博や脅迫とは全く関係ない」と否定。「チェさんだからといって私だという誤解があるが、私は絶対にない」と事件とは無関係であることを強調した。

関連記事一覧