• HOME
  • ニュース
  • HOT ISSUE
  • KARA出身ハラさんの元恋人、控訴審で懲役1年の実刑判決…法廷拘束 「違法撮影」は無罪に

KARA出身ハラさんの元恋人、控訴審で懲役1年の実刑判決…法廷拘束 「違法撮影」は無罪に

人気ガールズグループKARAのメンバーだった故ク・ハラさんを暴行し、脅迫した疑いで在宅起訴された元恋人チェ・ジョンボム被告が2日、ソウル中央地裁で開かれた控訴審で懲役1年の実刑判決を言い渡された。判決を受け同被告は法廷で拘束された。

チェ・ジョンボム被告は2018年8月、恋人だったク・ハラさんの身体の一部を盗撮した疑い、同9月にけんかする過程でク・ハラさんに傷害を与え「性関係の動画を流布する」と脅迫した疑いで起訴された。

一審では、チェ・ジョンボム被告氏に懲役1年6ヵ月執行猶予3年が言い渡された。 当時、ソウル地裁は「被告はメディアに性交渉の動画情報を提供し、芸能人の命を絶つと脅迫するなど、非難の可能性が高い犯行を犯した」とし、「女性芸能人の被害者が精神的に苦痛を受けているとみられる」とした。だが、「2人の関係を総合すると、写真撮影当時は明示的な同意を得ていなかったが、被害者の意思に反して撮ったとは思えない」として、性暴力犯罪の処罰などに関する特例法(カメラ撮影)の容疑は無罪と判断した。

これに対し検察側は、チェ被告氏がハラさんの同意なしに違法撮影したと主張し、控訴していた。

だが、控訴審でも違法撮影については一審と同じく、無罪と認定された。ただ、チェ・ジョンボム氏が動画流布を理由に、ハラさんを脅迫した疑いについては一審の判決が軽いと判断し、実刑を言い渡した。

ハラさんは、チェ・ジョンボム被告に一審判決が下された3カ月後の昨年11月、自ら命を絶った。

この日、チェ・ジョンボム被告の実刑判決を見守っていたク・ハラさんの実兄は、取材陣に「家族たちの悔しさが少しでも晴れて幸いだと思う」と実刑判決についてはある程度評価したが、違法撮影の疑いが無罪とされた点については「悔しい部分だ」と唇をかみしめた。

関連記事一覧