• HOME
  • ニュース
  • HOT ISSUE
  • SUPERNOVAユナクと会った後にコロナ陽性判定受けた女性、近く警察に召喚へ! 虚偽の供述で

SUPERNOVAユナクと会った後にコロナ陽性判定受けた女性、近く警察に召喚へ! 虚偽の供述で

ユナク

SUPERNOVAのリーダー、ユナクと会った後に、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた女性Aさん(36)が近く警察の取り調べを受けることになった。陽性判定後、防疫当局に対し風俗店で働いていた事実を隠し、「自宅にいた」などと虚偽の供述をしていた。

ソウル・江南警察署によると、Aさんは3月27、28日の両日、ソウル・駅三洞(ヨクサムドン)の風俗店で働いていたにもかかわらず、「自宅にいた」と虚偽の供述をし、江南区から告発された。

Aさんはこれまで入院治療中だったため、事情聴取は不可能だったが、最近になって退院した。江南署は早ければ今週中にもAさんを召喚して取り調べを行う計画だ。

Aさん日本から帰国したユナクと会った後、4月2日に陽性判定を受けた。Aさんが接触したのは117人で、ルームメート1人が陽性判定を受けた以外は陰性だった。

関連記事一覧