• HOME
  • ニュース
  • HOT ISSUE
  • 俳優パク・ジフンさん、胃がんで死去 享年32 ドラマ「シカゴ・タイプライター」出演

俳優パク・ジフンさん、胃がんで死去 享年32 ドラマ「シカゴ・タイプライター」出演

パク・ジフン
ドラマ「シカゴ・タイプライター」などに出演したモデル出身の俳優パク・ジフンさんが11日、胃がんで死去したことが15日、分かった。まだ32歳の若さだった。家族がSNSで公表した。関係者によると、昨年から闘病していた。あまりに早すぎる死に、悲しみが広がっている。

この日、パク・ジフンさんのInstagramに悲しいお知らせが投稿された。親族がアップしたもので、「誤って連絡しなかった方がいたらいけないので、別途書き込みを掲載します。新型コロナウイルスの拡大にもかかわらず、温かく慰めて励ましてくださったことに心から感謝申し上げます。お陰様で私の弟を天国へちゃんと送れました。私だけでなく、私たちの家族に本当に大きな力になりました。忘れずに覚えています」と訃報を伝えた。

関係者によると、パク・ジフンさんは昨年から胃がんと闘病していた。Instagramには闘病中にもかかわらず爽やかな笑顔を見せる彼の姿が数多くアップされていた。中にはセブランス(病院)の文字が入った患者衣を着てベッドに横たわっている写真や日本で撮影した写真もあった。最後の投稿は昨年9月30日だった。

側近は一部韓国メディアの取材に「才能のあふれる友達だったのに残念だ」と早すぎる死に無念さをあらわにした。親しかった知人も「最近もお見舞いに行って会ってきたが、状況が良くなかった。切ない」と肩を落とした。

パク・ジフンは、雑誌のモデルとしてデビューし、俳優に転身。2017年、tvNドラマ「シカゴ・タイプライター」に出演した。

関連記事一覧