”新型コロナウイルス感染”SUPERNOVAユナクが1カ月半ぶりに退院! 自宅で静養中

ユナク

新型コロナウイルスに感染して入院中だったSUPERNOVAのリーダー、ユナクが15日、退院した。日本のオフィシャルサイトで報告した。ユナクは4月1日に韓国芸能人で初めて新型コロナウイルスの陽性反応を受け、ソウル市内の病院に入院。日本で大きな人気を集めているだけにファンを心配させたが、1カ月半ぶりに退院の運びとなった。ユナクは「入院中は、たくさんの励ましの言葉に助けられ、強い気持ちで長期治療に臨むことができました」とMILKY(SUPERNOVAのファン)に感謝の言葉を贈った。

入院から1カ月半、ユナクが無事に退院した。

オフィシャルサイトではこの日、「ユナクに関するご報告」と題し、「新型コロナウィルス感染症の為、4月1日よりソウル市内の病院に入院をしておりましたが、この度、約1か月以上に亘る入院治療を経て、本日5月15日(金)に退院をいたしました」と報告。「これもひとえに皆様の温かいお言葉や励ましのおかげであり、感謝申し上げます」とファンに感謝した。

続けて「万全な状態で活動再開できますよう、引き続き体調の管理に努めてまいります。ご心配、ご迷惑をお掛けしました事を改めてお詫び申し上げます」と謝罪するとともに「今後とも変わらぬご声援、ご支援を賜りますようお願い申し上げます」と呼びかけた。

ユナク自身のメッセージを寄せ、「SUPERNOVAのユナクです。この度は、ファンの皆さん、全ての関係者の方々にご迷惑とご心配をおかけして、誠に申し訳ございませんでした」と改めて謝罪。「おかげさまで、本日退院することができました。入院中は、たくさんの励ましの言葉に助けられ、強い気持ちで長期治療に臨むことができました。本当にありがとうございました」と率直な思いを明かし。「皆さんもどうぞお身体にはお気をつけてお過ごしください。ユナク」としめくくった。

韓国のマネジメント関係者は一部韓国メディアの取材に対し、「ユナクは現在、国内の自宅で休息を取っている。ファンの温かい応援のおかげで治療もうまくいった。近いうちに良いニュースで改めて挨拶できるよう努力する」と立場を明らかにした。

日本で活発な活動を繰り広げているユナクは3月24日に日本から帰国。その3日後の3月27日に新型コロナウイルスの症状が現われ、4月1日に陽性との診断を受けた。ニュースが報じられる過程で、自己隔離をせず、マスクもつけずに外出した事実が明らかになり、物議をかもしたりもした。

関連記事一覧