Apinkの後輩ガールズグループが6月にデビュー! 7人組「Play M Girls」

Play M Girls

Apink、VICTO、歌手ホ・ガクらが所属するPlay Mエンターテイメントが新人ガールズグループをデビューさせることが分かった。同社は8日、公式報道資料を通じて「7人組新人ガールズグループPlay M Girls(仮称)が6月にデビュー時期を確定させた」と発表した。Apink以来、実に10年ぶりのガールズグループだ。デビューから10年を迎えたApinkは新曲「Dumhdurum」で音楽番組1位を獲得するなど依然としてトップガールズグループとして君臨するだけに、どんな妹グループが誕生するのか期待は高まるばかりだ。

Play MがApink以来10年ぶりに世に送り出すPlay M GirlsはApinkのデビュー時と同じ7人組だ。正式なグループ名、メンバーのプロフィールは順に公開される予定だ。

特に、これに先立ってデビュー候補に挙げられていた練習生らが、オーディション番組やSNS、公式YouTubeなどを通じて着実に露出されてきただけに、デビューチケットを手にしたメンバーたちが、どのような姿でベールを脱ぐか、国内外のK-POPファンの関心が熱い。

Play M側は「早くからアイドルのファン層を中心に口コミで広がっていたほど、デビュー前からPlay M Girlsへの関心が格別な状況だ」と手ごたえを感じている。「そうそうたる先輩の後を継いでPlay Mの新しい顔として活躍する新人ガールグループのデビュー過程に関心を持って見守ってほしい」と期待を込めて呼びかけている。

関連記事一覧