• HOME
  • ニュース
  • HOT ISSUE
  • ジェジュン、SNSに「新型コロナウイルス感染」と投稿 「エープリルフールの冗談」と修正も非難殺到!

ジェジュン、SNSに「新型コロナウイルス感染」と投稿 「エープリルフールの冗談」と修正も非難殺到!

ジェジュン

歌手兼俳優のキム・ジェジュンが1日、Instagramに「新型コロナウイルスに感染し、病院に入院している」と投稿したが、その後、エイプリルフールの冗談であることが明らかになった。ジェジュンは「感染予防の徹底を呼びかけるための投稿」と釈明したが、全世界で3万6000人を超える死者が出ているのに加え、多くの人が経済的な打撃を受け今後の生活に不安を抱えている状況だけに、「あまりにも不謹慎で軽率」などと国内外から非難が殺到している。

私の不注意のためです

非常識とのそしりを受けても仕方がない、あまりにも軽率な「エープリルフールの嘘」だった。

ジェジュンは1日、Instagramで世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスに感染したことを告白した。「政府から、周囲から注意されたすべてのことを無視したまま生活した私の不注意のためです。個人の行動が社会全体に及ぼす影響がどれほど大きいのか、私によって、また感染した方々にすまない気持ちだけ。『私は違うだろう』という気持ちで過ごしてきた馬鹿みたいな判断が、今の私を作ってしまった」と深刻さをにじませた。

さらに、「 現在、ある病院に入院しています」と綴り、「 多くの過去を振り返り、感謝と申し訳ない気持ちが巡っています。話したいことが多すぎる。あまりにも多くの人々に会いたい」と続けた。

これを受けて所属事務所にはメディアからの確認取材が殺到し、対応に追われた。所属事務所は「確認中」と明らかにし、インターネット上ではジェジュンが新型コロナウイルスに感染したとの報道が相次いだ。当然ファンからも続々と心配の声が上がった。日本の公式サイトでも「ジェジュンがコロナウィルスに感染したとの情報につきまして、感染の事実はないことをここにご報告させて頂きます」と否定した。

ところが、感染は真っ赤なウソだった。

騒動が拡大するとジェジュンは、文章を修正。「周りの愛する人、大切な私の誰かがウイルスに感染した? あまりにも胸が痛むことです。それにもかかわらず、我知らず…『自分は違うだろう』と、無防備の状態で街を歩いて生活しているあまりにもたくさんの人々によって、自分の家族や知人に害を及ぼすのではないかと心配する心。自分自身と自分の周辺は安全だろうという錯覚が、自分と周りのすべてに害を及ぼす可能性があります」などと、新型コロナウイルスに対して無防備かつ無関心な人々に警鐘を鳴らすような内容に変えた。

そして、「現在、私の知り合い、関係者の方々も感染者が増えています。決して遠くの話ではありません。不注意による悲しい予感が現実になった時、その時は涙を洗い流して終わることではないと思います。 現時点の警戒心···。心に刻んでおきましょう」と訴えた。

処罰を甘んじて受けます

SNSの反応を意識してか、「エイプリルフールのジョークにしては、かなり行き過ぎではあります」と反省の意を示し、「短い時間で多くの方々が心配してくださいました。絶対に!!! 他人事ではありません。自分を守ることが大切な人々を守ることだということを伝えたかったのです」と釈明。「この文章によって受けるすべての処罰を甘んじて受けます。 みんな元気になってほしいです」としめくくった。

全世界で続々と死者が出ている状況だけに、新型コロナウイルスをエープリルフールのジョークに使うこと自体があまりも不適切なのは言うまでもない。

日本では作家の乙武洋匡氏がエイプリルフール前日の3月31日、自身のTwitterで「みなさんにお願いです。明日はエイプリルフールですが、コロナ関連の嘘だけはやめにしませんか」と呼びかけた。同氏は「何が正しい情報なのかを見極めることが難しい現状において、人々をより不安にさせるような嘘をつくのは愉快犯だと思うんです。専門家の意見に耳を傾けるべき時期に、雑音を混ぜ込むのはやめましょう」とツイート。23万を超えるいいねが押されている。

これに対し韓国メディアのジェジュン関連の記事に対しては「いいね」よりも「怒り」を押す読者が圧倒的だ。「あまりにも度が過ぎている」「大勢の死者が出ているのに不謹慎で軽率だ」などの批判が殺到した。

嘘に処罰を! 国民請願も登場

韓国国民の怒りはすさまじく、大統領府の国民請願掲示板には、「キム・ジェジュンの嘘を処罰してほしい」という国民請願まで登場。「ジェジュンを処罰して、二度と誰もこんないたずらをさせないようにしてほしい」などと指弾している。

ジェジュンは3月31日には日本でNHK「うたコン」に生出演していただけに、新型コロナウイルス感染が事実なら、関係者など濃厚接触者の特定を急がねばならないなど、業務への支障を与えかねなかっただけに、SNS上には批判のコメントがあふれている。

関連記事一覧