若手女優コ・スジョンさんが死去 防弾少年団のMVや「トッケビ」に出演…24歳持病で

大ヒットドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」に出演したデビュー4年目の若手女優コ・スジョンさんが死去していたことが12日、明らかになった。24歳の若さだった。所属事務所によると、死因は持病によるものといい、すでに葬儀は行われたという。

将来を嘱望された若手女優が天国に旅立った。

所属事務所STORY J COMPANYは「コ・スジョンが数日前、この世に別れを告げ、空の輝く星となった」とあまりにも悲しく残念な知らせを伝えた。

関係者によると、死因は持病によるものという。葬儀は遺族の意向によって静かに行われ、9日に家族が見守る中で出棺式が行われたという。

所属事務所は「コ・スジョンは誰よりも純粋で美しい心を持った、輝く人だった。明るい笑顔で世間を明るく照らしたコ・スジョンを永遠に記憶します。故人の冥福を祈ってほしい」と呼びかけた。。

コ・スジョンさんは1995年4月24日生まれ。西京大学ミュージカル学科卒業。2016年tvNドラマ「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」で女優としてデビューした。その後、JTBCドラマ「ソロモンの偽証」に出演した。168cmと長身で清楚な雰囲気を持った女優で、今後の活躍が期待されていた。

2017年には防弾少年団(BTS)がソウル市の広報のために歌った「With Seoul」のミュージックビデオに出演、みずみずしい演技で注目を集めた。

最新情報をチェックしよう!