DREAMCATCHER、クリスマスイベント最終公演で来年3月の新曲発売を発表

 “悪夢”コンセプトを掲げ、ヘビーなロックサウンドと圧巻のパフォーマンスで世界でも注目を浴びているガールズグループDREAMCATCHERが22日、東京・渋谷のヒカリエホールBで「DREAMCATCHER ”NIGHTMARES BEFORE CHRISTMAS” 2019」のファイナル公演を開催した。アンコールではファンへのクリスマスプレゼントとして、来年3月に新曲「Endless Night」を発売することを発表し、ファンを喜ばせた。

セクシーサンタに変身

 来場者にクリスマスコーディネートのドレスコードが設けられた会場は、開演前からクリスマスモード一色に。DREAMCATCHERもセクシーなサンタクロースとなって登場し、ライブの幕開けを飾ったのは最新曲「Deja Vu -Japanese Ver.-」。超本格リアルタイム3DバトルRPG「キングスレイド」とのコラボ曲で、ライブでは初披露となり、会場の熱気は一気に急上昇した。続いてクリスマスソングのカバー「Jingle Bell Rock」ではファンと一緒に歌い、その後クリスマスにちなんだトークやゲームで楽しませた。

 ライブ後半戦は、ファンクラブ「InSomnia Japan」でリクエストを募ったDREAMCATCHERの好きな曲上位4曲を次々と披露。レトロポップな「また一人になった-Japanese ver.-」、韓国デビュー曲の日本語バージョン「Chase Me -Japanese ver.-」、悪夢コンセプトの原点となった「Full Moon」、最後はリクエストで1位となった「YOU AND I-Japanese ver.-」で本編は終了した。

 アンコールでは「ここで皆さんにクリスマスプレゼントがあります! 2020年3月に3rdシングル『Endless Night』を発売します!」と発表すると大歓声に包まれ、ファンへのうれしいサプライズクリスマスプレゼントとなった。最後に日本1stアルバムに収録された「Breaking Out」を披露し、ファンと一緒に楽しんだクリスマスパーティーの幕を閉じた。

最新情報をチェックしよう!