FTISLANDソン・スンヒョンが脱退! 俳優活動に専念

人気バンド、FTISLANDのソン・スンヒョンがチームを脱退することが24日、明らかになった。所属事務所FNCエンターテインメントが同日、公式ホームページを通じて発表した。イ・ホンギ、イ・ジェジン、チェ・ミンファンの3人が再契約を結んだのに対し、ソン・スンヒョンは再契約せず、事務所を離れる。今後は俳優としての活動に専念する。FTISLANDはチェ・ジョンフンが今年3月、性スキャンダルにより脱退しており、4人組として活動していた。

31日付で契約終了

FNCはこの日、ソン・スンヒョンについて「12月31日付で専属契約が終了すると同時に、グループ活動も終了となった。FTISLANDの活動と共に演劇、ミュージカル、短編映画、ウェブドラマなどを通じて長い期間、演技活動を並行してきたソン・スンヒョンは、契約期間終了と共に、俳優としての活動に専念することにした」と発表した。

所属事務所によると、メンバー、事務所と話し合ったうえでの決断という。現在、メンバーが入隊中のため、今後のグループの運営については「3人のメンバー全員が軍服務を終えてから議論する予定だ」と明かし、「FTISLANDのメンバーが持続的に音楽活動を展開し、各自の長所を生かして活動分野を多方面に広げることができるよう、最善を尽くして支援する」とサポートを約束した。

ソン・スンヒョンは2009年のミニアルバム「Jump Up」の活動からFTISLANDに加入。歌手活動だけでなく、ミュージカル、ウェブドラマでも活躍し“演技ドル(演技+アイドル)”としての存在感を見せてきた。これまでウェブドラマ「捜査官アリス 2」「愛ですかと聞いて、愛だと答える」、ミュージカル「Jack the Ripper」「三銃士」、演劇「ヨド」「失われた村」などに出演した。

 

関連記事一覧