MOMOLAND、テハ&ヨヌが脱退! デイジーは「協議中」

ガールズグループMOMOLANDのテハとヨヌが脱退することが30日、明らかになった。

所属事務所MLDエンターテインメントは、公式ホームページに「当社アーティスト、MOMOLANDが6人組のチームに再編成されることになり、これに関して申し上げます。メンバーのテハとヨヌは本日をもってチームを離れ、新たなスタートを切ろうとしています」と発表した。

所属事務所によると、テハとヨヌは長い間、進路に対してたくさん悩んでおり、十分に時間をかけて事務所とたくさんの対話をした結果、脱退という結論に至った。

MLDは「まずテハは熟慮の末、本人の意見を第一に尊重して専属契約を解約するとともに、新しい場所で新しくスタートしようとしています。これに当社は、テハの新しい出発に応援と激励を惜しまない予定です」とし、「ヨヌはMOMOLANDの活動に対する愛情が深かったのですが、俳優活動と並行するのは無理と判断し、チームを離れ、当社所属の俳優としての活動に集中することにしました」と伝えた。

さらに、デイジーについても言及し、「まだお互いに協議中のため、協議が終わり次第、お知らせする」とコメントを発表した。

ヨヌについては、今年6月ごろ、MOMOLANDの活動に1カ月近く参加していなかったころから脱退説が浮上。これに対して本人は「誤解」だと釈明し、「どんなことがあっても、私を、MOMOLANDを常に1番に信じてくださり、信頼してくださるのに心配させてしまい申し訳ありません」と謝罪した。その上で、「女優ヨヌとして良い姿をお見せする予定なので、ぜひ期待してください」と呼びかけた。ヨヌはtvN「安いです 千里馬マート」に出演したのに続き、来年SBSで放送されるドラマ「アリス」に出演が決まるなど女優としての活動に力を注いでいた。

健康問題で活動を休止していたテハは、脱退を受けてInstagramを開設し、「MOMOLANDのメンバーとしてたくさんの愛をいただいたし、今まで一緒にいてくださってとても幸せでした。このありがたい気持ちを忘れずに新たなスタートを始め、もっと良い姿でおうかがいします」とファンにメッセージを伝えた。

長期にわたってグループ活動に不参加の状態が続いているデイジーについては、最近、母親が自身のSNSに所属事務所に対する不満をのぶちまけたことが話題になっていた。この日正式な発表はなかったが、所属事務所は「6人組に再編する」としていることから、脱退は既定路線とみられる。

MOMOLANDは2016年11月、初のミニアルバム「Welcome to Momoland」でデビューし、「BBoom BBoom」「BAAM」などのヒット曲で人気を集めた。