故ク・ハラさんの元恋人が雲隠れ?! 5月オープンの美容室も休業?


KARA出身ク・ハラさんが28歳の若さで自ら命を絶った中、故人と法廷対決を繰り広げた元恋人チェ・ジョンボム氏に対する批判の声が高まっている。ハラさんの悲報が伝わるや、チェ氏のSNSには批判コメントが殺到したため非公開に切り替えた。それでも批判の声はやまず、2人が生前繰り広げた裁判の結果に対する不満の声がさらに高まっている。議論を憂慮したかのように彼は姿を消した。

恋人だった2人の間に暴行騒動が起こったのは昨年9月。その際、チェ・ジョンボム氏がハラさんに性関係動画を送ったということが明らかになり波紋が広がった。ハラさんはチェ・ジョンボム氏が動画で自身を脅迫したことなどを含めて訴え、チェ・ジョンボム氏は器物損壊、傷害、脅迫、強要、性的暴行犯罪(カメラ利用撮影)など5つの罪で裁判にかけられた。

これを受けて裁判所は判決公判でチェ・ジョンボム氏に対し、懲役1年6カ月、執行猶予3年を宣告した。器物損壊と傷害、脅迫、強要の4つの容疑のみ罪を認め、ハラさんのプライベートな写真及び動画を撮影した疑いについては無罪との判断だった。検察、チェ・ジョンボム氏の双方が控訴し、控訴審の裁判が行われているが、一審の判決を受け、「加害者中心の性的犯罪の量刑基準を再整備してほしい」という青瓦台(大統領府)国民請願には20万人以上の市民が参加した。

チェ・ジョンボム氏は24日、ハラさんの死亡のニュースが伝わるや、SNSを非公開に転換した。広報に熱を上げていた美容室も休業している。

TVDailyは26日、江南区新沙洞(カンナムグシンサドン)にある彼の美容室を訪れた。故ク・ハラさんと法廷攻防が盛んだった去る5月にオープした美容室だ。非難世論を意識したのだろうか。ドアは固く閉まっていた。月曜日(25日)は休業日だが、26日火曜日は、正常な営業日だ。

チェ・ジョンボム氏と一緒に働く仲間たちは彼の近況を知っているだろうか。彼の知り合いだというA氏はチェ・ジョンボム氏と同じ町内で似たような仕事をしている。Aさんは「(チェ氏は)暴行やリベンジポルノ問題が起きた時に苦しんでいた」と明かした上で、「ク・ハラさん死亡のニュースを聞いて苦しんでいる。( ハラさんに関するすべてのことは)非常に敏感な事項であるため、同業者の間では関連事項については一切言及しないことにした。詳しい事項については申し上げにくい」と発言を控えた。

では、チェ・ジョンボム氏は本当に苦しんでいたのだろうか。彼は最近まで美容室と関連したパーティーを開いており、見違えるほど太った様子だという。周囲にハラさんに関する話をして、「大変だ」と言っていたが、故人を苦しめた事件では決して譲歩したり退かなかった。現在も控訴審が進行中である。