元KARAク・ハラさん、遺体近くに手書きのメモ 自身の境遇を悲観

ガールズグループKARAの元メンバー、ク・ハラさんが24日にソウル・清潭洞(チョンダムドン)の自宅で遺体で発見されたことに関連し、ハラさんが自身の境遇を悲観する内容をつづった手書きのメモがリビングのテーブルの上にあったことが分かった。ソウル地方警察庁トップの李龍杓(イ・ヨンピョ)庁長が25日、記者懇談会で明かした。

李庁長は「昨日(24日)午後6時ごろ、ソウル・江南区の自宅で、家政婦がハラさんの遺体を発見し、警察に通報した。その際、居間のテーブルの上に手書きの短いメモが置かれているの見つけた」と明かした。ハラさんと長年にわたって親しい関係にあった家政婦が、ハラさんと連絡がつかないことから、自宅を訪問し、ハラさんの遺体を発見したという。

死亡時刻については、「防犯カメラの映像を分析した結果、24日午前0時35分ごろ帰宅したことが確認され、その後死亡したと推定される」と説明。ハラさんが帰宅してから遺体で発見されるまで、家政婦のほかにハラさんの自宅を訪れた人はおらず、「鑑識の結果や遺族の話などから総合的に判断すると、現時点でハラさんが事件に巻きこまれた疑い(他殺の状況)はないと思われる」と付け加えた。

司法解剖は遺族の意見と現場鑑識の結果を基に、検察と協議して決める予定だが、現時点では決まっていない。

出棺などすべての手続きは遺族が静かに葬儀を執り行うことを希望していることから非公開で行われる。このため別途、ソウル・盤浦洞(パンポドン)にあるカトリック大学ソウル聖母(ソンモ)病院(江南聖母病院)葬儀場第1号室に弔問場所が設けられ、マスコミ、芸能関係者、ファンらは25日午後3時から27日午前零時まで弔問ができる。