SUPERNOVAジヒョク、新ドラマ「アリス」にキャスティング! 来年SBSで放送の期待作

2019-11-26

人気グループ、SUPERNOVAのジヒョクが来年放送予定のSBSの新ドラマ「アリス」にキャスティングされたことが25日、分かった。複数の韓国メディアが報じた。

所属事務所関係者は「最近、ジヒョクがSBSの期待作『アリス』にキャスティングされ、俳優としての変身を予告している」と説明した。

来年放送予定の金土ドラマ「アリス」は、死によって永遠に別れることになった男女が、時間と次元を超えて魔法のように再会することから繰り広げられるSFヒューマンドラマで、俳優のチュウォンと女優キム・ヒソンが主演する。

ジヒョクは俳優チュウォン演じる刑事パク・ジンギョムの同僚刑事ホン・ジョンウク役。刑事課で最も洗練されているとうぬぼれるお調子者的な人物だ。ドラマの息詰まるような緊張感の中で、しっかりと面白みを作り出す役どころを演じる予定で、シーンスティーラー(主役を食ってしまうぐらい存在感のある人物)的な役割を果たしそうだ。

2007年に6人組ダンス&ボーカルグループ、超新星のメンバーとしてデビュー。2009年には日本デビューも果たし、今年で10周年を迎えた。昨年SUPERNOVAにグループ名を変更したが、日本ではファン(Milky)の根強い人気に支えられて活発に活動。ラッパーチームのグァンス、ゴニルと3人によるユニットFunky Galaxyでも活動している。

俳優としては、これまでドラマ「僕らのイケメン青果店」、映画「君にラヴソングを」「僕たちのアフタースクール」などに出演し、安定的な演技力を披露。今年8月には日本の舞台「男子はつらくないよ??」に出演するなど、日本デビュー10周年を迎えてさらに精力的な活動を繰り広げており、久しぶりのドラマで、どんな演技を見せてくれるのか、期待が集まっている。