KARA出身ク・ハラ、遺体で発見! 自殺か…警察「死因を調査中」

日本でも大きな人気を集めたガールズグループKARAの元メンバーで女優兼歌手のク・ハラさん(28)が24日、自宅で遺体で発見された。聯合ニュースや朝鮮日報など韓国メディアが一斉に報じた。報道によると、自殺とみて警察が詳しい死因などを調べている。韓国芸能界では、ハラさんと大の仲良しだったガールズグループf(x)の元メンバーで女優兼歌手ソルリさん=本名:チェ・ジンリ)さんが先月14日に自殺したばかり。それからわずか1カ月半、親友の後を追うように自ら命を絶ったハラさんの死に大きな衝撃が走っている。

ソウル・江南警察署によると、ハラさんは同日午後6時9分ごろ、ソウル市江南区清潭洞(カンナムクチョンダムドン)の自宅で、死亡した状態で発見された。知人が発見し、警察と消防に通報した。

同署では「自殺なのか、他殺なのか、事件に関して知らせることはできない。死亡現場で遺書が見つかったかどうかについてもお話しできない」と説明。また、現場検証は同日午後8時7分にを終えた。

警察はハラさんが自殺を図った可能性を念頭に置き、正確な死因などを調べている。

ハラは23日にSNSに「おやすみ」というコメントとともにベッドで撮った自撮り写真を掲載。その表情には特に死を感じさせるものはなかっただけに、その翌日に伝えられた悲報にファンは大きな衝撃を受けている。

2008年にKARAのメンバーとしてデビュー。「ミスター」のヒップダンスで人気を博し、日本のK-POPブームの火付け役となった。2016年のKARA解散後はドラマやバラエティー番組などに出演し活動した。しかし、昨秋、元交際相手の男性との暴行事件で聴取を受けるなどしたほか、この男性からリベンジポルノで脅迫されたことを明かし、衝撃を与えた。今年5月には自殺を図り、意識不明の状態で発見され、病院で治療を受けた。

その後、日本での活動に力を注ぐべく6月には日本のプロダクション尾木と契約、日本と韓国を行き来しながら活動を行い、今月には福岡、大阪、名古屋、東京を回る「HARA Zepp Tour2019~HELLO~」を開催したばかりだった。

その一方で、10月14日に親友だった元ガールズグループf(x)出身で女優のソルリが自殺しており、精神的に大きなショックを受けた。翌15日に行ったInstagramライブ放送では、親友の死に涙をこぼしながらも、「私があなたの分まで頑張って生きるから。頑張るからね」と力強く語っていたのだが…。

韓国芸能人の自殺は多く、その大きな原因のひとつとされているのが、SNSなどでの悪質なコメントの数々。多くのアイドルたちが苦しみ、うつ病を告白したアイドルは数えきれないほどで、自殺にまで至ったケースも多い。10月に自殺したソルリさんもそうだった。ク・ハラさんも悪質なコメントに苦しみ、苦痛を告白したことが何度もあった。元気に見せていた笑顔の裏で、計り知れないほど苦悩していたのだろうか。

「ミスター」のヒップダンスで日本のK-POPブームを巻き起こし、多くのファンに愛されたク・ハラさん。あのキュートな笑顔はもう二度とみられない。