G-DRAGON、26日の除隊場所が異例の変更! 豚コレラの影響で鉄原から龍仁の陸軍地上作戦司令部に

BIGBANGのG-DORAGONが26日に除隊する。場所については服務地である江原道鉄原(カンウォンドチョルウォン)ではなく龍仁(ヨンイン)になる。

所属事務所YGエンターテインメントが25日明らかにしたところによると、G-DORAGONは26日午前8時、龍仁(ヨンイン)市に位置した陸軍地上作戦司令部で除隊を申告する。一般兵士の除隊場所の変更は異例のことだ。

G-DRAGONの除隊を祝うため、国内外からファン数千人が集まる予定だが、彼の服務地である鉄原郡でアフリカ豚コレラ(ASF)が検出され、防疫体系に赤信号が灯っているためだ。除隊に先立ち、このような問題が浮上すると、陸軍3師団は異例的に除隊場所の変更を決定した。

鉄原郡側も「BIGBANGのG-DRAGONが鉄原ではなく龍仁で除隊する」と説明。「現在、鉄原地域のイノシシの死体からアフリカ豚コレラが発見され、拡散防止に最善を尽くしているのが実情だ」と付け加えた。

YGエンタテインメントは23日に、BIGBANGの公式サイトを通じて「G-DRAGON、SOL、D-LITEが服務し、除隊する予定の部隊は、アフリカ豚コレラウイルスが検出された地域と接しているので、これ以上の感染拡散防止のため防疫システムを強化しているだけに、該当地域の訪問自粛を勧告している。行政当局も格別の注意を求めた状況で、ウイルス拡散防止およびファンの安全のため、除隊の現場訪問を自粛してほしい」と了解を求めていた。