ソルリの悲報を受け芸能界も哀悼! SUPER JUNIORらイベント続々取り消し

ガールズグループf(x)出身の歌手で女優ソルリ(本名チェ・ジンリ、享年25)が14日、自宅で遺体で発見されたというニュースは、芸能界に大きな衝撃として伝わった。悲報を受けて芸能界は故人の死を哀悼するとともに各種イベントが続々と取り消された。

所属事務所の先輩SUPER JUNIORは14日午後10時に予定していたNAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」を通じて「SUPER JUNIORんもカムバックライブ-The Super Clap-」の放送を取り消した。

10年ぶりに完全体に戻ったSUPER JUNIORはこの日午後6時、9thフルアルバム「Time Slip」をリリース。それを記念してファンとコミュニケーションをとるV LIVEを進行する予定だった。アルバムは予定通り公開したが、ライブ放送はキャンセルした。V LIVE側は「本日の放送は中止となりました。ご理解の程お願いします」と伝えたるにとどめたが、ソルリ死亡を受けての決断とみられる。

f(x)の元同僚で9月20日に1stソロアルバム「X」をリリースしたエンバはInstagramのストーリーに「最近の事件によって予定されていた活動を保留する。みなさんに申し訳ない。皆さんの配慮に感謝します」という書き込みを残した。

アモーレパシフィックは15日午前に開催する予定だった女優キム・ユジョンを招いてのフォトイベントを中止することを決定した。バンドN.Flyingは15日午後2時から予定していた6枚目のミニアルバムリリースを記念したプレス向けのショーケースを取り消した。所属事務所FNCエンタ―テインメントは「悲報に深い哀悼の意を表し、謹んで故人の冥福をお祈りします」とコメントした。

京畿道城南スジョン警察署によると、ソルリは14日午後3時21分ごろ、城南市寿井区深谷洞の自宅で死亡したまま発見された。警察によると、「うつ病のひどい妹が家で死亡した」との通報を受け、現場に出動した。最初の通報者は、ソルリのマネジャーで、前日午後6時30分ごろ、最後の電話以降、連絡が取れず、自宅を訪問して確認した結果、2階で死亡しているソルリを発見した。警察は犯罪の形跡が見当たらないことから、ソルリが極端な選択をしたものとみて、捜査を進めている。