MASC所属事務所が公式謝罪! 「エースの暴力は弁解の余地なし」 チビンは演技者に進路変更も

メンバー同士による暴力事件が起こったボーイズグループMASCの所属事務所が30日、公式に謝罪した。

所属事務所JJ HOLIC MEDIAは30日、公式ファンコミュニティに「いつもMASCを応援していただき愛してくださるファンの方々に悪いニュースでご心配をかけることになって本当に申し訳ありません。所属事務所でこの事件を未然に防止できず、良くない姿をファンの方々にお見せすることになって本当に申し訳なく、責任を痛感しています」という文を掲載した。

今年3月にエースによるチビンに対する暴行事件が発生して以降、事件によってMASCのメンバーたちに被害が及ばないよう、メンバーたちとしっかりと対話をしながら、今後の活動と日程について協議していた中で、このような事態となったことに遺憾の意を示しつつ、「この3月に事件が発生した後、どんな言葉でも暴力を使ったことについては弁解の余地がないと判断し、これ以上チーム活動を続けて行くことができないとしてメンバーのエースは除外された状態です」と説明した。

被害を受けたチビンについては「当時の精神的な衝撃の治療及び回復のために休息を取ってきたチビンは、先月、これ以上のMASCでの活動は難しいと、所属事務所に要望して現在は大学進学や演技者に進路を変更する準備中でした」と明らかにした。

最後に「今回のことを教訓に、アーティストにさらに細心の関心と配慮をする所属事務所に生まれ変わることができるように致します。また、できるだけ早く事件が解決できるように最善の努力を尽くします」と約束した。

チビンは26日、Instagramを通じてエースに暴行を受けた事実を暴露して衝撃を与えた。これに対してエースは「前後の事情や僕の意中を除き、結果的に僕がした行動に対する過ちを認める」と自身の非を認めながらも、「傘を石垣で折って凶器にしたとか、当時、僕を止めるメンバーたちにも暴行を加えたということは絶対に事実ではありません」とチビンの書き込みが事実違うと反論した。またチビンが示談金を狙っているなどと主張し、双方は真実ゲームをづけている状態だ。