超新星出身ソンモ、CREBIGエンターテインメントと専属契約

人気グループ超新星出身のソンモ(本名ユン・ソンモ)がCREBIGエンターテインメントと専属契約をしたことが2日、明らかになった。

スポーツ東亜によると、CREBIGエンターテインメントは2日午前、公式報道資料を通じて、ソンモと専属契約を締結した事実を伝えた。同社は「ユン・ソンモは歌手として長い間、自分だけの魅力でファンの心をつかむなど、万能エンターテイナー的な姿が際立つ俳優だ」と高く評価。「当社では俳優として本格的な活動を準備中のユン・ソンモに向けて全幅的な支援を惜しまない予定」と明かした。

ソンモは「これから始まる本格的な俳優活動に多くの関心と愛をお願いします」と覚悟を述べた。

なお、9月11日に東京・豊洲PITで開催した日本デビュー10周年記念ファンミーティングでも韓国でマネジメント会社と契約したことについて自ら明らかにしていた。

CREBIGエンターテインメントは2018年10月に設立され、今年4月に俳優の専門マネジメント企業として名乗りを上げた新興勢力だ。国民俳優パク・ヨンギュをはじめチョ・ヨヌ、イ・ソンジンら現在約40人が所属する。映画やドラマなどコンテンツの企画および製作と配給まで行う大型総合エンターテイメント会社として注目を集めているだけに、ソンモの今後の活動の幅が大きく広がりそうだ。