”世紀のカップル”ソン・ジュンギ&ソン・ヘギョが離婚! 「性格の不一致が理由」

2017年10月に結婚し、「世紀のカップル」と言われた俳優ソン・ジュンギ(33)と女優ソン・ヘギョ(37)が破局したことが27日、明らかになった。結婚からわずか1年8カ月でのスピード離婚となる。

ソン・ジュンギの法律代理人を務める法務法人のパク・ジェヒョン弁護士は27日午前、正式なプレスリリースで、「私どもの法務法人はソン・ジュンギ氏の代理として6月26日、ソウル家庭裁判所に離婚調停申立書を提出した。合わせて、これに関連して以下の通りソン・ジュンギ氏の正式なコメントををお伝えする」と述べ、ソン・ジュンギが自ら書いたコメントを明らかにした。

ソン・ジュンギは「私を愛してくだり、大切にしてくださる多くの方々に良くないニュースをお伝えすることになってしまい、申し訳ありません。私はソン・ヘギョさんと離婚するための調停手続きを行うことになりました」と切り出し、「2人とも事の善し悪しを問いただしながら非難し合うよりも、円満に離婚手続きを終えることを希望しています。プライベートに関する話については事細かく申し上げにくいことをご理解いただきたいと思います」と報告。最後に「私は今の傷から脱し、演技者として作品活動に最善を尽くし、良い作品でお応えしたいと思います」と締めくくった。

ソン・ヘギョの所属事務所も報道資料を出し、「(離婚の)理由は性格の不一致だ。2人が互いの違いを乗り越えられず、やむを得ずこうした決定をすることになった」と説明した。

離婚調停は夫婦が正式な裁判を経ずに協議に基づいて離婚を決定するもの。調停が不成立となった場合は離婚裁判を進めることになる。

2016年に放送されたKBS2のドラマ「太陽の末裔 Love Under The Sun」での共演をきっかけに恋人関係となったソン・ジュンギとソン・ヘギョは”ソン・ソンカップル”と呼ばれ、2017年10月31日に結婚した。当時は交際を公表することなく電撃的に結婚を発表し、注目を集めた。結婚式はソウル・新羅ホテル迎賓館で非公開の中、行われたが、俳優パク・ボゴム、中国の人気女優、チャン・ツィイーら国内外のトップスターが出席し話題を集めた。

2人に関しては昨年末から韓国放送関係者の間では不仲説がささやかれていた。双方とも否定していたが、海外のスケジュールでソン・ヘギョが結婚指輪をはめなていない様子がたびたびキャッチされ、不仲説に対する疑惑が高まっていた。また、いわゆるチラシ(世間の噂などが記載されているゴシップ情報)では、ソン・ヘギョとパク・ボゴムに関する噂が浮上していた。

ソン・ヘギョは先ごろ放送されたドラマ「ボーイフレンド」でパク・ボゴムと共演。ソン・ジュンギはパク・ボゴムと同じ事務所の先輩・後輩の関係で、ドラマ「アスダル年代記」に出演中だ。