iKONのB.Iに麻薬使用疑惑が浮上! 所属事務所YGエンターテインメント「確認後、立場を明かにする」

人気グループiKONのメンバー、B.I(22)に12日、麻薬を使用した疑惑が浮上した。Dispatchが報じた。

DispatchはB.Iが知人のAさんと交わしたカオトークの内容を独占で入手。その内容を基に、B.Iが2016年に大麻とLSDなどの麻薬を購入しようとしたほか、大麻を吸引した疑惑を提起した。さらに、当時、警察がこの事実を把握しながらも捜査が行われず、その過程で所属事務所YGエンターテインメントが介入したという疑惑も併せて報じた。

報道によると、京畿道龍仁東部警察署は2016年8月、麻薬類管理に関する法律違反容疑でAさんをソウル市内の自宅で逮捕した。警察はAさんのスマホを押収しており、その中には、B.Iの大麻やLSDなどを購入しようとした状況が明らかなカカオトークの内容があり、証拠として確保した。カカオトークでB.IはAさんに自ら大麻吸引の事実を明かし、超強力幻覚剤と呼ばれるLSDの代理購入を要請していた。

Aさんは警察による1次被疑者尋問で、カカオトークの内容が事実であることを認めた上で、2016年5月3日、ソウル市内のiKONの宿舎前でLSD10枚をB.Iに手渡したと証言。しかし、警察はB.Iを召喚調査することなく、さらに連絡さえ取らなかったと伝えた。

同件について警察側は、Aさんが3次被疑者尋問で「B.Iが麻薬を要請したのは事実だが、実際に購入していなかった」と供述を翻したことから、B.Iを聴取しなかったと説明している。

これについてDispatchはYGエンターテインメントが初犯で在宅起訴されたAさんと接触し、弁護士を選任してその費用を出す代わりに「YGに都合のよい陳述を繰り返すよう要求した」といい、そのためAさんの供述内容が変わったと主張している。

YG側は、Dispatchに対して「事実無根」との立場を伝えているが、殺到する韓国メディアに対しては「確認後、立場を明らかにする」と伝えた。