優勝カップ踏みつけでサッカー韓国U-18、優勝をはく奪

中国・成都で開催されたサッカー男子U-18の国際大会「パンダカップ」で、優勝した韓国代表チームの選手がトロフィーを足で踏みつけ、中国側の激しい怒りを買った結果、大会組織委員会は韓国に授与した優勝トロフィーを剥奪した。

中国の現地メディアは30日、「中国のパンダカップ組織委員会は、韓国U-18に授与した優勝トロフィーを剥奪することを決めた」と報じた。

”事件”は29日に起きた。同日行われた最終戦で韓国は3-0で中国を破り、優勝を決めたが、その後行われた優勝セレモニーで、選手の一人が芝生の上に置かれた優勝トロフィーに足を乗せた。スパイクは脱いでいたもののあまりにも非常識な振る舞いだった。現地メディアによると、韓国チームの選手の中にはトロフィーに向かって用を足すしぐさを見せる選手もいたという。

大韓サッカー協会の関係者は「優勝後にはしゃいで自由な感じでポーズを取っているときに、このようなことが起きたようだ」と苦い表情で語った。同協会は30日未明に中国サッカー協会と成都サッカー協会に文書を送り、謝罪の意を示したが、中国人たちの反発は収まらなかった。

韓国チームのキム・ジョンス監督と選手たちは状況悪化を受けてホテルで緊急記者会見を開き、謝罪した。キム監督は「良い大会に招待してもらったのに恥ずかしい行動を取ったことについて謝罪する。今回の件は完全に私の過ちだ。中国国民の感情を傷つけたことについて、重ねて謝罪する」と述べたが、中国国民の「嫌韓感情」を刺激するとの懸念もある。

大会を主催した成都サッカー協会の関係者は、中国メディアとのインタビューで「今後、韓国チームは大会に呼ばれないだろう」と述べ、不快感を隠さなかった。また、別の関係者は「韓国はパンダカップと全ての参加国、ファンを侮辱した」と非難した。

優勝カップの剥奪という史上初の事態まで引き起こし、韓国サッカーの対外イメージは少なからぬ打撃を受けた。