U-18韓国サッカー代表選手が優勝カップを足で踏みつけ記念撮影! 無礼な振る舞いに中国側が激怒…謝罪

中国四川省成都市で開催されたサッカーのパンダカップ2019で優勝したU-18韓国代表の選手の一人が優勝カップを踏みつけて記念撮影をして、中国側からの非難が殺到、謝罪する事態となった。

中国人民網は30日、韓国代表チームがパンダカップの最終戦で中国チームを3対0で破った後、無礼極まりない優勝セレモニーを行ったと報道。タイ、ニュージーランドに連勝した韓国代表は最終戦で主催国の中国と対戦。蔚山(ウルサン)現代高のファン・ジェファン選手がハットトリックを記録し、優勝カップを獲得した。

ところが、”事件”は優勝セレモニーの時に起こった。選手の一人が優勝カップを踏みつけながら記念撮影を行ったのだ。現場で取材した記者が29日夜、証拠写真を中国版ツイッターのWeiboにアップすると、あまりに非常識かつ無礼な振る舞いに、中国のネットユーザーが激怒。批判のコメントが殺到し大炎上状態となった。

中国メディアは「優勝直後、蔚山現代のDFパク・ギュヒョンをはじめとする一部の選手が足で踏んだり、小便をするふりをしてトロフィーを冒涜する行動をした」と報道。ただ小便をするふりをしたという場面をキャッチした写真は公開されなかった。

騒動が拡大すると韓国代表団は、組織委員会に対して「若い選手らの分別のない行動だった」と謝罪。それでも中国のネットユーザーは反発は大きく、「韓国人が踏みにじったのは優勝カップではなく、中国人の自尊心だ」と激しく反発している。

中国サッカー協会と大会組織委員会も29日午後11時53分、「大会組織委員会が深刻な侮辱を受け、スポーツマンにあらざる行動をする選手とチームは招待しない」という文書を発表し、大韓サッカー協会とU-18代表チームに抗議をして謝罪を要求した。

これを受けて韓国代表団は30日午前零時30分、ホテルのロビーでキム・ジョンス監督をはじめ、選手団全員が団体で謝罪した。パク・ギュヒョン選手が直接、謝罪の手紙を読み上げ、「大きな過ちを犯しました。すべてのファンに謝罪します」と頭を下げた。大韓サッカー協会も30日午前、中国サッカー協会と成都サッカー協会に文書を送って公式に謝罪した。

急いで鎮火に乗り出し、サッカー協会と選手団が繰り返し謝罪したが、今回の事件が中国国民の”嫌韓感情”を煽りかねないという指摘も出ている。

また、中国メディアは「韓国の非マナー行動は伝統」と批判し、「2002年W杯サッカーで審判を買収して4強に進出した」「平昌冬季五輪のショートトラックでは中国選手たちを故意に退場させ優勝を獲得した」などと指摘。このほか、アジア大会や1988年ソウルオリンピックなどでも韓国が非マナー行動で勝利したことがあると挙げ連ね、「今回のトロフィー事件で韓国スポーツはまたもや恥ずべき悪名を増やした」と強調した。