女優ハン・ジソン、タクシー運転手を暴行し罰金刑受けていた! 謝罪・自粛なくドラマ出演に降板要求の声も

女優ハン・ジソン(25)が酒に酔って60代のタクシー運転手を暴行し、罰金刑の執行猶予を言い渡されていた事実が23日、明らかになった。謝罪や自粛もなくSBSの月火ドラマ「初対面で愛します」に出演するなど活動の強行に対する批判世論が高まり、番組からの降板を要求する声が高まっている。

総合編成チャンネルのチャンネルAはハン・ジソンが昨年9月、ソウル・江南付近で60代のタクシー運転手を暴行し、通報を受けて出動した警察官に対しても暴行し、罰金500万ウォン、執行猶予1年の刑を言い渡されたと報道した。

報道によると、ハン・ジソンは酒に酔ってタクシー運転手のほほを殴り、水筒でも暴行した。タクシーの運転手は「事件後、ハン·ジソンから謝罪の連絡を受けていない」と明かす一方、ハン·ジソン側は「運転手の連絡先が分からず、謝罪できなかった」と弁明している。

暴行事件が報じられた同日午後、所属事務所J,WIDE-COMPANYは「よくないことで多くの方々にご心配をおかけし、誠に申し訳ない」と謝罪した。「本人に確認した結果、昨年タクシー運転手との口論で警察の取り調べを受けた事実があることを確認した」といい、「ハン・ジソンは現在、本人に課された法的責任を果たし、今後は残った法的責任も遂行する予定だ」と説明した。

続けて「ハン・ジソンは事件の経緯はともかく、いかなる弁解の余地もなしに自分の過ちを認め、深く反省している」とし、「2度とこのようなことが起こらないよう、内部的な改善の必要性を感じ、会社すべての役員や従業員と共に最善の努力を尽くしていくことを約束する」と改めて謝罪の意を伝えた。

本人の”肉声”ではなく、所属事務所を通じての謝罪に対して大衆の批判は強い。事件が外部に伝わるまでは、いかなる公式謝罪や自粛の期間もなしに、ドラマ「初対面で愛します」に出演するなど活動を強行したのがその背景だ。ネットユーザーたちは降板を要求する声をあげている。 番組側は「対策を協議中だ。いずれ公式的な立場お伝えする」と明らかにした。