”集団性暴行容疑”元FTISLANDチェ・ジョンフン容疑者を逮捕! 証拠隠滅の恐れ…懲役5年の可能性も

集団性的暴行容疑で拘束令状が請求された元FTISLANDのチェ・ジョンフン容疑者が9日夜、逮捕された。聯合ニュースや朝鮮日報など韓国メディアが一斉に速報で伝えた。

ソウル中央地裁のソン・ギョンホ部長判事は、暴力犯罪の処罰等に関する法律違反(特殊強姦)容疑を受けているチェ・ジョンフン容疑者について「犯罪容疑は疎明(裁判官が係争事実の存否について一応確からしいという推測を得た状態)され、証拠隠滅の恐れがある」として逮捕状を出した。

有名ガールズグループメンバーの実兄も

部長判事は、有名ガールズグループのメンバーの実兄B容疑者に対しても、「犯罪事実の相当部分が疎明され、事案が重大で、証拠隠滅の恐れがある」として準強姦容疑で逮捕状を発付した。

一方、芸能プロダクションの職員A氏に対する逮捕状は棄却された。宋部長判事は「容疑事実に関して争う余地があり、不拘束の状態で防御権を保障する必要がある」とし「被疑者の家族関係および社会的紐帯関係に照らして拘束事由や拘束必要性、相当性を認めるのは難しい」と説明した。

この日午前、チェ・ジョンフン容疑者ら3人は、ソウル中央地裁で拘束前被疑者尋問(令状実質審査)を受けた。3人は歌手チョン・ジュニョン容疑者とともに2016年、江原道洪川(カンウォンドホンチョン)と大邱(テグ)で女性たちに酒を飲ませた上で集団で性的暴行を加えた疑い。

そのうちチェ・ジョンフン容疑者ら2人は特殊準強姦容疑、もう一人は準強姦容疑だ。意識が無い相手を強姦した場合準強姦の疑い、2人以上で加担して犯行を犯すと特殊準強姦罪が適用される。チェ・ジョンフン容疑者は容疑を強く否定していた。

法曹関係者によると、裁判で有罪となれば懲役5年以上もありうる。酒で酔わせて体の自由を奪った上で女性を複数人で性的暴行すると、懲役5年もしくは無期懲役に処するようにしているためだ。