”ガールズグループ出身”20代女優が高速道路で車に轢かれ死亡! 夫が用を足している間に…

映画や演劇などで活動してきた女優Aさん(28)が高速道路で車に轢かれて死亡したことが8日、明らかになった。

消防関係者などによると、6日午前3時52分ごろ、仁川国際空港高速道路のソウル方面の金浦空港IC付近で、Aさんがタクシーと乗用車に相次いで轢かれて死亡した。

事故当時、Aさんは彼女は助手席に乗っていた夫が急に尿意を催したため、自身が運転していたベンツC200乗用車高速道路片側3車線のうちの2車線に非常灯を付けて停車させた後、車から出て事故に遭ったという。

Aさんの夫は、警察の調べに対し、「近くの花壇で用を足してから車に戻ると、事故が起きていた」と述べたという。

事故については世界日報が7日に報道し、Aさんについて朝のドラマなどに出演する女優と伝えたが、アジア経済や韓国経済など複数のメディアによると、Aさんは2010年にガールズグループでデビューした後、最近までドラマや映画、演劇などで活発な活動を展開してきたという。

警察はAさんを轢いて死亡させたタクシー運転手B氏(56)と乗用車の運転手C氏(73)を交通事故処理特例法上の致死容疑で立件した。B氏が注意を怠り、Aさんを轢いたとみて、Aさんの遺体を国立科学捜査研究院に解剖依頼するなど正確な経緯を調べている。Aさんがなぜ路肩ではなく真ん中の車線に車を止めたのか、そしてなぜ車から降りたなどの経緯は不明だ。