”T.O.Pと大麻吸引”ハン・ソヒ、gugudanファンを挑発!「奢れるなら奢ってみな」

BIGBANGのT.O.Pと大麻を吸引して有罪判決を受けた元歌手練習生ハン・ソヒが、ガールズグループgugudanのメンバー2人と食事した際の写真を公開したことに対して批判的な書き込みをしたgugudanファンを挑発して物議を醸している。

ハン・ソヒは4日、Instagramにgugudanのナヨン、ハナと一緒に食事をした際の写真を載せた。ハートのスタンプとしてナヨンとハナの顔を隠したが、ファンにすぐにバレた。食事後にデザートを食べている写真もアップした。3人はかつてJellyfishエンターテインメントで練習生として同じ釜の飯を食った仲間だ。

これにgugudanファンからは、大麻吸引で有罪判決を受けたハン・ソヒとアイドルグループのメンバーが同席するのは不適切だという指摘が相次いだ。「個人的な知り合いなのだから、別にいいのでは?」という擁護派もあったが、「友人だったらもっと気をつけた方がいいのでは」という指摘も少なくなかった。

gugudanファンからの書き込みに激怒したハン・ソヒは6日、該当写真を削除した上で、今度は新沙洞(シンサドン)にある韓牛レストランで食事した際の領収書を公開。1人当たり25万ウォン(約2万5000円)もする高級レストランで、飲み物代などを含めると計79万ウォン(約7万9000円)。そして、「一人当たり25万ウォンだけど、あんたたちに奢れるなら奢ってみな。またすぐに大騒ぎしてすぐに告訴」と挑発するようなコメントを付けた。

ハン・ソヒは2016年7月から12月までの合計4回にわたって大麻9gを購入し、BIGBANGのT.O.Pとともに自宅で巻きタバコの形状で吸引したり液状で吸引した疑いで、2017年9月にソウル最高裁判所から一審と同様に懲役3年に執行猶予4年、保護観察120時間、追徴金87万ウォン(約8万6000円)を言い渡された。