ファン・ハナ容疑者、「薬物を飲んで性関係」 裸体写真でパク・ユチョン容疑者を脅迫も

麻薬類管理に関する法律違反の容疑で逮捕された歌手兼俳優のパク・ユチョン容疑者と元婚約者で南陽乳業創業者の孫娘ファン・ハナ容疑者(薬物を使用した容疑で逮捕・送検済み)の麻薬使用の実態が明らかとなった。

2日夜に放送されたJTBC時事教養番組「イ・ギュヨンのスポットライト」は、特権層の違法薬物ゲートの実態を調べた「スターゲゲート悪の輪」編を放送した。

番組に登場した情報提供者は、ファン・ハナ容疑者がクラブBurning Sunの女性VIPで、イ·ムンホ代表らと非常に格別な間柄だったといい、「ファン・ハナが麻薬をとても好んでいた。10年間使用してきたそうだ。2011年にも大麻草事件で摘発されたから中毒だ」と証言した。また、「ファン・ハナは裕福な人、あるいは酒場の人たちと非常に親しかった」といい、「薬物を飲んで性関係を持つハウスパーティーをすると言ってた」と話した。ハウスパーティーとは、家や別荘、ホテルなどを借りて開くパーティーを意味する。

同番組ではパク・ユチョン容疑者の親戚にもインタビュー。この親戚はファン・ハナ容疑者について「色々と脅迫も多かった。ユチョンが寝ている間に裸体の写真を撮影して私に送ったこともある。どこにいるかと。早く、5分以内に探して来なければ(写真を)ばらまくと」と暴露。「ファン・ハナとパク・ユチョンにトラブルがとても多かったし、愛憎関係だったようだ」と明らかにした。

最新情報をチェックしよう!