Girl’s Dayヘリ、所属事務所が決定! 4人それぞれが俳優の道へ

Girl’s Dayのヘリが新たな所属事務所を決めた。

ソジン、ユラ、ミナが次々と俳優系の事務所と契約を済ます中、一人だけ宙に浮いた状態だったヘリが、広告会社Creative Group INGは新生マネジメント1号アーティストと契約を済ませ、30日、同社から発表された。ヘリは恋人で俳優リュ・ジュニョルと同じC-JeSエンターテインメントと契約したという報道も流れるハプニングもあったが、ヘリは従来のマネジメント会社ではなく、活発な活動とビジョンの方向性を提示した新生企画会社を選んだ。

今年2月、Girl’s Dayはメンバー4人がDreamTエンターテインメントとの専属契約が終了した。グループ解散の意思はないものの、再契約はしない意向を明らかにした。

その後、ソジンが最初にNOON COMPANYと専属契約を結んだ。その際、Girl’s Dayについて「終止符は打っていない。ただ、しばらくの間、休止符を打つだけなので、長い時間がかかっても、また一緒になる日を待ってほしい」とファンにメッセージを送った。続いてユラもAwesome ENTとミナは3月にYooborn Companyと専属契約を結んだ。

最後のヘリが所属事務所を決定したことで、、Girl’s Dayのメンバーたちは俳優として本格的な活動に乗り出すことになった。ヘリはtvNの水木ドラマ「ミス・リー」への出演を検討しており、ミナは5月SBS水木ドラマ「絶対彼氏。」に主演する。ソジンとユラは作品を検討中だ。

関連記事一覧