KARA出身ク・ハラ、眼瞼下垂手術後の近況を公開! 目元に変化…一段とくっきり

KARA出身の歌手ク・ハラが眼瞼下垂(がんけんかすい)手術後の近況を公開した。

ク・ハラは26日、Instagramに「色を変えた。Burgundy」という短い文とともに自撮りした写真をアップした。ク・ハラはロングヘアをなびかせ、バーガンディー色(暗い青みがかった赤)に変えたヘアを見せつけている。一段とくっきりした二重まぶたも印象的だ。

ク・ハラは今月1日、Instagramを通じて眼瞼下垂の手術を受けたと明らかにした。ネットユーザーたちが二重まぶたの手術をしたと誤解し、批判的なコメントをつけたことに反論したものだった。眼瞼下垂とは、まぶたを引っ張り上げている筋肉が伸びてしまって弱くなっている状態で、ク・ハラはまぶたの中の板(瞼板)に付着している眼瞼挙筋腱膜を探し出し、短く縫いつけることによって再び張力を回復させる手術を選択した。

ネットユーザーたちに対してク・ハラは「若い頃から活動してきて、その間悪質なコメントにたくさん傷つきました。でも、今は自分自身のためにも堂々とするべき部分は堂々と話すべきだと思います。一度でも、悪質なコメントに対処しなければと考えたことはありません。私も一生懸命生きている人間です。一度でも、温かい視線で見ていただければうれしいです。活動で責任を果たす人間として、今後も一生懸命活動する姿をお見せします」と明かしていた。