HELLOVENUSが解散へ! またも超えられなかった”魔の7年”の壁

ガールズグループHELLOVENUSが7年間の活動に終止符を打つことになった。

所属事務所ファンタジオミュージックは26日、報道資料を通じて、「長い時間グループHELLOVENUSを大切にしてくださり、愛してくださったファンの方々に心から感謝します」と切り出し、「HELLOVENUSの一部メンバーが5月8日付けでファンタジオミュージックとの専属契約が満了となります。当社やメンバーたちはHELLOVENUSの今後の活動について議論を重ねた結果、メンバーの未来のために個人が望む多方面の活動を応援し合うことで合意しました」と明らかにした。

さらに、「2014年HELLOVENUSのメンバーとして合流したソヨンとヨルムは当社所属で引き続き活動する予定で、ユヨンとライムは再契約と関連して肯定的な方向で調整中です。アリスとナラは各自の新しい夢を広げるため有終の美を飾ることで最終決定した」と明かし、ナラとアリスがチームを離れることを明らかにした。

最後に「この7年間、HELLOVENUSに一途な愛と応援を送ってくださった多くのファン皆さんに心から感謝の言葉を申し上げるとともに新たなスタートを控えたメンバーたちに変わらぬ温かい関心と声援をお願いします」と呼びかけた。

HELLOVENUSはファンタジオとPledisの合作グループで、ユンジョ、ユ・アラ、アリス、ナラ、ライム、ユヨンの6人組として2012年、ミニアルバム「VENUS」でデビューした。2014年Pledis所属のユンジョ、ユ・アラが脱退した後、ソヨンとヨルムが合流し、「Wiggle Wiggle」などの曲で人気を博したが、7年間の活動の末に解散することになった。
韓国芸能界ではまたしても”魔の7年”を超えることはできなかった形だ。

関連記事一覧