V.I関係者が性接待認める「日本人投資者のために売春女性約10人動員」

BIGBANGの元メンバー、V.I(28、本名イ・スンヒョン)と投資会社ユリホールディングスの共同設立者で同社前代表ユ・インソク氏(34)による売春あっせん疑惑を捜査中の警察が、ユ・インソク氏から「日本人実業家一行のため風俗業の女性を呼んで花代を払った」という趣旨の供述を確保したことが24日、分かった。朝鮮日報など韓国メディアが報じた。今年2月に売春あっせん疑惑が浮上して以降、V.Iの関係者が容疑を認めたのは初めて。

ただ、V.Iは数回にわたる警察の聴取に対し、現在も「性接待に関与していない」と主張している。しかし警察は、性接待が行われたソウル市内の有名ホテルの宿泊費3000万ウォン(約300万円)をV.Iが当時の所属事務所だったYGエンターテインメントの法人カードで決済していたことを確認した。

V.Iとユ・インソク氏は23日にソウル警察庁広域捜査隊に出頭、事情聴取を受けた。2015年12月に来韓した日本人投資者一行7~9人に性接待をした疑いなどに関する聴取だ。

2人はこれまで、「売春や性接待はなかった」と容疑を否認していたが、この日の聴取で、ユ・インソク氏が風俗業の女性を管理する40代女性に送金した記録を警察が提示すると、同氏は「申し訳ない」と容疑を認めたという。

2015年12月24日、日本人実業家A氏夫妻や日本人の知人たちが2泊3日の日程で韓国を訪れた。日本人一行が2泊したのはソウル市内の5つ星ホテル「H」だ。一行は高級な客室に滞在した。警察は、ユ・インソク氏が2日間にわたって風俗業の女性を呼び、一行のホテルの部屋に出入りさせたものと見ている。呼ばれた風俗業の女性は10人を超えるとされ、女性たちは夜だけでなく昼も売春し、1つの部屋に女性2人が同時に入った場合もあったとのことだ。警察関係者は「女性たちはユ・インソク氏やV.Iが前から知っていた人々ではなく、売春のために雇われた女性たちだ」と説明した。

警察の捜査の結果、日本人たちのホテル代3000万ウォンはV.Iが決済したことが分かった。V.Iが使用したカードは、当時の所属事務所YGエンターテインメントの法人カードだったという。売春あっせんを認めた共同設立者ユ・インソク氏とは違い、V.Iはこの日の聴取でも容疑を否認した。ホテル代を支払ったことを認めながらも、「性接待の目的ではなかった」と述べたという。

警察は売買春に関わった女性17人を立件しており、女性のほとんどが売買春容疑を認めているという。

一方、V.Iは警察の取り調べに「海外で日本人実業家にもてなされたことがあった。クリスマスの時期に韓国に来ると聞いたので、お返しのつもりでホテルを用意しただけだ。売春が行われたかどうかは分からない」と話したとされる。

V.Iが所属していたYGエンターテインメンは、V.Iが性接待にYGの法人カードを使ったことに関連し、「V.Iが2015年に使ったものだが、業務と関係のない費用の支払いで法人カードを使った場合は本人が清算した」と釈明した。

YGは、V.Iが取締役を務めたソウル・江南のクラブ「バーニングサン」を巡る一連の事件後、V.Iの事業に関わっているとの疑惑が提起された。今年3月、V.Iとの専属契約を解消し、V.Iの事業との関連性が取り沙汰されるたびに反論したが、同事務所は国税庁の特別税務調査を受けた。

警察はV.Iが法人カードを使った経緯を調べているが、YGエンターテインメントに対する捜査はまだ検討していないとされる。