薬物使用容疑のJYJユチョン、体毛から陽性反応! 記者会見は嘘だったのか

警察は事前拘束令状を申請

JYJのメンバーで俳優としても活動するパク・ユチョン(32)の体毛から薬物の陽性反応が出ていたことが23日、明らかになった。聯合ニュースなど韓国メディアが一斉に報じた。

報道によると、国立科学捜査研究院が前日、事件を捜査中の京畿南部地方警察庁麻薬捜査隊に陽性反応が出たとの結果を連絡したという。

警察は16日、ユチョンの自宅などの家宅捜索を行い、ユチョンから体毛と尿の任意提出を受け、簡易検査を行ったが結果は陰性だった。

ユチョンが体毛のほとんどを除毛した状態だったため、警察は毛髪と足の毛を国立科学捜査研究院に送り、鑑定を依頼。今回、足の毛から薬物が検出された。

これを受けて警察はこの日、ユチョンに対する事前拘束令状を申請した。

ユチョンは薬物を使用した容疑で逮捕・送検された元婚約者で南陽乳業創業者の孫娘ファン・ハナ容疑者と年初に薬物を購入し、同容疑者の自宅などで使用した疑いがもたれている。ファン・ハナ容疑者はユチョンと一緒に2回麻薬を使用したと警察の取り調べに供述している。

しかしユチョンは緊急記者会見を開き、「絶対に麻薬をやったことはない。ファン・ハナに麻薬を勧めたこともない」と疑惑を強く否認した。

関連記事一覧