JYJユチョンが警察に出頭「ありのままに誠実に取り調べに臨む」 報道陣の質問には答えず

麻薬使用の疑いを受けているJYJのユチョンが17日午前、京畿道水原市(キョンギドスウォンシ)にある京畿南部地方警察庁に出頭した。

ユチョンは午前10時ごろ、黒のスーツにノーネクタイ姿で姿を見せた。集まった報道陣約100人の前に立つと「ありのまま誠実に取り調べに臨んできます」と話した。

報道陣からは容疑を否認するのか」「ファン・ハナ氏が麻薬を強要され、投薬したと供述しているが、どう考えるのか」など矢継ぎ早に質問が飛んだが、それには答えずに庁舎内に入った。

ユチョンは、麻薬使用の疑いで逮捕され、送検された元婚約者で南陽乳業創業者の孫娘ファン・ハナ容疑者と今年初め、麻薬を購入し、ファン・ハナ容疑者のソウルの自宅などで一緒に使用した疑いが持たれている。

警察はファン・ハナ容疑者の捜査過程でユチョンと一緒に麻薬を使用したという供述を確保し捜査を進めてきており、16日にはユチョンの自宅を家宅捜索し、毛髪などを採取した。