麻薬使用の疑いJYJユチョン、警察への出頭日程を17日で調整中

 

麻薬使用容疑を受けているJYJのパク・ユチョンの警察出頭日程の輪郭が明らかになった。スポーツソウルが16日、報じた。

報道によると、ユチョンは17日に京畿道南部地方警察庁麻薬捜査隊への出頭を調整中だ。

ユチョンは最近、法務法人「イン」の権昌範(クォン・チャンボム)弁護士を選任し、警察と最終の出頭日程を調整しているという。

ユチョンは元婚約者で南陽乳業創業者の孫娘ファン・ハナ容疑者と一緒に麻薬を使用した容疑を受けている。

ユチョンについては麻薬使用容疑で逮捕されたファン・ハナ容疑者が警察の取り調べに対し、「芸能人のA氏に勧められ、再び麻薬に手を出すことになった。寝ている間に強制的に投薬されたりもした」と明かしたことから浮上。ユチョンは10日に緊急記者会見を開き、「ファン・ハナが捜査中に私の名前を言及したことは事実だが、麻薬をやったことも勧誘したこともない」と否定し、「潔く最大限、捜査に早く応じて明らかにすること」と釈明した。

だが、警察はユチョンに対する麻薬使用の疑いで16日午前9時ごろから自宅を家宅捜索している。

所属事務所C-JeSエンターテインメントは「今後、ユチョンの警察取り調べ関連のマスコミ対応は法律代理人である法務法人『イン』を通じてお伝えする」と伝えた。