• HOME
  • ニュース
  • 事件
  • 警察、V.Iの性接待確認! 逮捕状請求へ 風俗店に送金した金融取引記録を確保

警察、V.Iの性接待確認! 逮捕状請求へ 風俗店に送金した金融取引記録を確保

BIGBANGの元メンバーV.Iの売春あっせん容疑と関連する警察の捜査が加速している。

先月10日、V.Iはユリホールディングスの設立に向け海外投資者たちに向けた性接待を指示したという疑惑が持たれ、売春あっせん容疑で立件された。

旅費名目と見ることは難しい

場所や指示したかどうかなど投資の見返りとして売春をあっせんしたという具体的な状況について警察の捜査が進められた中、警察関係者は「性的接待疑惑を一部事実として確認した」と明らかにした。特に性接待の状況があったという供述も確保されたという。

それだけでなく、2017年12月、フィリピン・パラワン島で開かれたV.Iの誕生パーティーが売買春が行われた場所と目されている。最近、警察がV.Iの誕生パーティーで「風俗店の従業員と男性たちとの性関係があった」という供述を確保したためだ。

何より警察は14日にV.Iが風俗店の女性従業員たちにお金を送った金融取引記録を確保した。個人ではなく風俗店の口座に送金していることから警察は「飛行機のチケット代など旅行費用の名目と見るのは難しい」と明かし、性売買の見返りとしてやり取りした金だということに重きを置いている。これによってV.Iの誕生パーティーで売春あっせんが行われた可能性が高いと見ている。

V.I側は風俗店の女性従業員たちを誕生パーティーに招待したことを認めた。だが、「風俗店に送ったお金は対価性のないただの旅行費用」と主張している。

警察は現在進行中の売春あっせん容疑に対する捜査が終了次第、V.Iに対する逮捕状を請求する方針だ。

このほかV.Iとユリホールディングスのユ・インソク代表はユリホールディングスの資金、クラブ「バーニングサン」の資金を横領した容疑でも立件されている。

 

関連記事一覧