• HOME
  • ニュース
  • 事件
  • JYJユチョン、今年初めもファン・ハナ容疑者のマンションを出入り チャンネルAが報道

JYJユチョン、今年初めもファン・ハナ容疑者のマンションを出入り チャンネルAが報道

緊急記者会見を開き、「ファン・ハナとは、昨年初めに別れた」と述べて麻薬使用の疑いを公式的に否定したJYJのユチョンが今年初めにもファン・ハナ容疑者のマンションを出入りした状況が発覚したチャンネルAが13日、報道した。

同メディアによると、警察はファン・ハナが住むソウル・江南(カンナム)のマンションにユチョンが出入りする姿が映ったCCTVを確保したという。ファン・ハナ容疑者はこれまでの警察の調べに「昨年末から芸能人Aさんに勧められ、強制的にも投薬され麻薬を再び始めた」と供述している。警察はA氏の身元を明かさなかったが、ユチョンが10日に緊急記者会見を開いてA氏がユチョンであることが判明した。

ユチョンは会見で「私は絶対に麻薬をやらなかったし、(麻薬を)勧めたことはまったくない。報道を通じてファン・ハナが取り調べで芸能人を名指しし、薬を勧められたという話を聞いたことで怖かった」とし、「破局後にファン・ハナから脅迫を受けた」とも主張した。また、「ファン・ハナもまたうつ病で睡眠薬を服用していることを知った。私の前で(本人の)麻薬の前科や違法薬物について話したことはない」とも打ち明け、「ファン・ハナとは昨年初めに別れを決心し、別れた」と明らかにした。

一方、警察はファン・ハナ容疑者からユチョンと共に、今年初め2、3回に麻薬を使用した投薬した、という供述を確保。2人は昨年5月に破局したが、ユチョンがファン・ハナ容疑者のマンションに出入りした点などを根拠に、2人の交際は続いていたものと判断し、関連捜査を行ってきた。すでにファン・ハナ容疑者が提起したユチョンの容疑について立証する物証を確保していると同メディアは付け加えた。

関連記事一覧