• HOME
  • ニュース
  • 事件
  • ファン・ハナ氏に麻薬を勧めた芸能人A氏を立件! 強制捜査本格化…30代の人気俳優

ファン・ハナ氏に麻薬を勧めた芸能人A氏を立件! 強制捜査本格化…30代の人気俳優

警察が南陽乳業創業者の孫娘ファン・ハナ容疑者が供述した芸能人A氏を立件した。またA氏に対する通信令状を申請するなど捜査を本格化している。

9日に放送されたSBS「8ニュース」によると、警察はファン・ハナ氏が最近、自身に麻薬を勧めたと主張した芸能人A氏を立件した。

現在、警察はここ1年間の携帯電話の通話記録や位置情報など、A氏の容疑を証明するため、客観的な証拠を収集している。この資料を確保するため、携帯電話に対する通信令状を申請。これにはA氏名義の携帯電話はもちろん、AA氏が使用したと推定される別人名義の携帯電話も複数含まれているという。警察関係者は「A氏の容疑を明らかにする客観的な証拠を収集する段階だ。捜査に拍車をかけている」と述べた。

これに対しA氏の所属事務所は同番組の取材に、「取り調べの状況はよくわからないので申し上げることはない」と慎重な立場を示した。

現在、ファン・ハナ容疑者は麻薬使用、供給の疑いなどで警察の取り調べを受けており、「有名芸能人のA氏に勧められて再び麻薬を始めることになった。眠っている私に強制的に投薬し、A氏が直接麻薬を買って来るよう指示した」などと主張している。

一方、9日に放送されたYTNラジオは芸能人A氏が30代の有名俳優だと説明した。A氏は現在韓国内にいるという。

パワーブロガーとして活動していたファン・ハナ容疑者は、SNSに数多くの芸能人と一緒に撮った写真アップして影響力をアピール。こうしたことから一部のネットユーザーらは何人かの芸能人の実名に触れている。

関連記事一覧