2006年公開のキム・レウォン主演映画「ひまわり」に関心集中! その理由は?

10日午後、オンラインポータルサイトのリアルタイム検索語に「ひまわり」が登場し、ネットユーザーたちの関心が急増している。

麻薬使用などの容疑で逮捕された、南陽乳業創業者の孫娘ファン・ハナ容疑者とともに麻薬を使用した疑いが持たれている芸能人が映画「ひまわり」に出演したという憶測が飛び交い、ネットユーザーの関心を集めたとみられる。

2006年に公開された映画「ひまわり」には俳優キム・レウォン(38)、キム・ヘスク、ホ・イジェ、キム・ビョンオク、キム・ジョンテ、ハン・ジョンス、チ・デハンらが出演した。

「キム・レウォンの人生作」と呼ばれる同作品は、一つの希望にすべてをかけた男(キム・レウォン)が、その希望が消えた時に経験する挫折と怒りを描いた映画だ。

一方、ファン・ハナ容疑者は「有名芸能人のA氏に勧められて再び麻薬を始めることになった。眠っている私に強制的に投薬し、A氏が直接麻薬を買って来るよう指示した」などと暴露し、衝撃を与えた。

YTNラジオの「キム・ホソンの門出、新しい朝」では、芸能人A氏が、ファン・ハナ容疑者とかなり親しい間柄として知られた30代の有名俳優と明らかにした。また。MBCによると、警察はファン・ハナ容疑者が今年初めにも2~3回麻薬を使用した事実を追加で確認した。警察はA氏も一緒にいたと見ている。またA氏が受け取った容疑は、一般的な召喚捜査ではなく、強制捜査が不可避なほどだという。