ラッパーのKK、ダイビング中の事故で頸椎骨折…全身麻痺!

ラッパー兼作曲家のKK(キム・ギュワン)が3日、Instagramで全身麻痺状態にあることを告白した。

KKは「最近、宿所のプールでダイビングをしていた時、第5頚椎と第6頚椎を骨折する大きな事故に遭った。現在、全身麻痺の状態で、(タイの)チェンマイ病院の集中治療室で、戦闘している気分で毎日を送っている。幸い初期対応と処置が適切で、二度に渡る緊急手術も成功し、リハビリの可能性も見えると言われた」と明かした。

続けて、「子供の頃、化膿性中耳炎にかかった時は、毎日死にたいという思いばかりだったが、状態がもっと深刻な今は、逆に何とか乗り越えて僕のことを心配し、助けてくださった多くの方に恩返ししたいという気持ちだけだ。1日も早く韓国に戻って治療を続けたい」と辛い胸の内を吐露した。

さらに、「あまりにも高いこちらの医療費に僕と僕の家族は無力だ。10日間ほどの入院、手術、薬などがもう6000万ウォン(約600万円)を超えている。1日も早く帰国し、治療を受けなければならないが、韓国への輸送費だけで1000万ウォン(約100万円)を超えるそうだ」といい、「恥を忍んで書き込みをしている。最初で最後に助けを求める」と支援を要請した。

KKの妻によると、事故に遭ったのは3月22日。全身麻痺の上、その後肺炎の合併症を起こすなど状態は悪化したそうだが、現在は好転して6日に帰国を決定。国内で集中治療を行う計画だという。

ネットユーザーらは「がんばってください」「快癒を祈ります」とエールを送っている。その一方、一部は「旅行中の不注意で負傷したのに、大衆に募金を頼むのは望ましくない」という指摘や、高額の移送費を理由に金銭的な支援を訴えたにもかかわらず、すぐに帰国できる状態なったことに疑念を抱き批判する声も出ている。

KKはペチギの「Skill Race」などを作曲、2017年にはMnet「SHOW ME THE MONEY 6」に出演して名前を知らせた。彼は6歳の時に左耳の聴力を失ったが、ヒップホップミュージシャンとして地道に音楽活動をしてファンの間で「ヒップホップ界のベートーベン」と呼ばれてきた。

関連記事一覧