• HOME
  • ニュース
  • 死去
  • イ・イルジェさん、肺がんで死去 所属事務所「数カ月前から急速に健康状態が悪化」

イ・イルジェさん、肺がんで死去 所属事務所「数カ月前から急速に健康状態が悪化」

肺がんのため闘病中だった俳優イ・イルジェさんが5日、亡くなった。58歳だった。

芸能関係者によると、イ・イルジェさんはこの日未明、入院していたカトリック大学ソウル聖母病院で、家族に見守られながら静かに息を引き取ったという。所属事務所によると、「数カ月前から急速に健康状態が悪化していた」という

イ・イルジェさんは昨年、バラエティー番組出演した際、肺がん(4期)と診断されたことを打ち明け、驚かせた。番組出演当時、肺がんと診断された後にも周囲に心配をかけたくなくて闘病中であることを知らせなかったと語り、がんを克服した後、再び元気に活動したいと強い意志を見せ、仲間や視聴者から励ましの声を受けていた。

病気を克服するという意志は強かったが、その思いはかなわず帰らぬ人となった。

1960年生まれで漢陽大学演劇映画科を卒業後、1981年に演劇俳優としてデビューした。顔を知られるようになったのは、1990年に公開された映画「将軍の息子」だ。「将軍の息子」シリーズのほか、ドラマ「第3共和国」(1993年)や「爆風の季節」(1993)などに出演、活動の幅をテレビにも広げ、「野人時代」「武人時代」「淵蓋蘇文(ヨンゲソムン))」「王と私」「大王世宗」など主に時代劇に出演しながら活発に活動してきた。20177年には映画「保安官」にも特別出演した。2000年に結婚し、娘が2人いる。

関連記事一覧