警察、V.Iの性接待一部を事実と確認! 横領容疑も追加

BIGBANGの元メンバーV.I(本名イ・スンヒョン、29)の性接待疑惑が一部事実と確認された。同疑惑を捜査中の警察は1日までに性接待の状況があったという関係者の陳述を確保した。また横領の容疑で追加立件した。

ソウル地方警察庁関係者は1日午後、ソウル・鍾路区(チョンノグ)のソウル地方警察庁舍で会見を開き、「2週間にわたり性接待疑惑に関連して複数の関係者を呼んで事情聴取を行った」とし、「その中には女性4~5人がいて、性接待関連の状況があったという供述も一部あった」と明らかにした。

この関係者は「性接待疑惑を一部事実だと確認したと見ることができる」とし、「捜査技法上、立件者数は確認することはできない」と明らかにした。

ただし、この関係者は性接待後に女性に対する対価が支払われたのか、接待対象が外国人だったのか、場所はどこだったのかなどに対しては「確認中」と話すにとどめた。

また警察はこの日、「モンキミュージアムに関してV.Iとユリホールディングスのユ·インソク代表が法人資金を横領した事実を確認し追加立件した。具体的な金額と使途は引き続き捜査中だ」とも明らかにした。

警察は2015年12月、V.Iがユ・インソク代表などやり取りしたチャット内容を根拠に、V.Iが外国人投資家に対して性売買をあっ旋したとみて捜査を行ってきた。チャット対話にはV.Iが外国人投資家を接待するためにソウル・江南(カンナム)のクラブ「アリーナ」に席を用意するよう指示する内容が含まれていた。

あわせて警察は、同年、V.Iが日本人事業家を相手に性売買をあっ旋したという疑惑も確認している。

この他、2017年12月フィリピン・パラワンで開かれたV.Iの誕生日パーティーでも性売買があったという疑惑がある。