Nine Muses、解散を電撃発表! 24日に最後のファンミーティング開催

ガールズグループNine Musesが11日、解散を発表した。14日にデジタルシングル「REMEMBER」をリリースし、24日に最後のファンミーティングを開催し、ファンに別れを告げる。2010年にデビューし、モデル顔負けのスタイルで、ガールズグループが乱立する中、”モデルドル”の愛称で確固たる地位を築き上げたNine Musesだが、デビューから9年で活動に終止符を打つ。

モデルドルの愛称で人気

所属事務所スター帝国は、公式ファンカフェに「契約満了などの理由で、当社とNine Musesのメンバーは、長い間慎重に話し合いを重ねてきた末、グループ活動を終了することを決定した」と明らかにした。

続けて、「長い間待っていてくださったMINE(ファン)の皆さんに、このようなニュースを伝えることになってしまった点、申し訳ございません」と突然の残念な発表を謝罪するとともに、「2010年8月12日から今まで、約9年という期間、最高のアーティストとしての姿をみせてくれたNine Musesのメンバーと、Nine Musesを変わらず愛して応援してくださったMINEの皆さんに感謝申し上げます」とメンバーとファンに感謝の気持ちを伝えた。

2010年に9人組ガールズグループとして1stアルバム「Let’s Have A Party」のタイトル曲「No Play Boy」でデビューしたNine Musesは、メンバー全員が身長170cm以上と長身だったことからモデルドル(モデル+アイドル)の修飾語を得るなどして人気を集めた。その後、メンバーの脱退&加入を繰り返し、現在はキョンリ、ヘミ、クムジョ、ソジンの4人組となっていた。

今後については、さまざまな分野で個人活動を繰り広げる予定といい、「メンバーたちの新たなスタートにも、たくさんの応援をよろしくお願いいたします」と呼びかけた。

バレンタインデーの14日にラストデジタルシングル「REMEMBER」を発売し、24日には漢城(ハンソン)大学洛山(ナクサン)館でファンミーティングを開催し、ファンに最後のあいさつを伝える。