チェ・ミンスが”あおり運転”で在宅起訴! 接触事故に発展…相手に対して暴言も 

韓国では俳優があおり運転で在宅起訴! ソウル南部地検は31日、俳優チェ・ミンス(57)が昨年9月にソウル市内であおり運転をしたとして、特殊脅迫、特殊財物損壊、侮辱などの罪で在宅起訴したと発表した。チェ・ミンスは前を走る車の走行に腹を立て、追い越した後急ブレーキをかけたため、接触する事故に発展。一歩間違えば大事故につながるところだった。さらに相手の運転手に暴言を浴びせるなどしたという。

急ブレーキで接触事故

日本社会で問題化している”あおり運転”が韓国でも起こっていた。しかもその主人公は人気俳優とあって、波紋が大きく広がっている。

ソウル南部地検によると、チェ・ミンスは昨年9月17日午後1時ごろ、ソウル・汝矣島のLGタワー前の5車線道路で、前の車が2車線にまたがって走行していたことに腹を立て、相手の車を追い越して急ブレーキをかけた。このため割り込まれた車両は、チェ・ミンスの車両を避けることができず、そのまま接触する事故となってしまった。

被害を受けた女性は「チェさんが故意に車を急停止したために事故が起き、修理代が数百万ウォン(数十万円)かかった」としてチェ・ミンスを告訴した。

チェ・ミンスは事故後に相手と言い争った際、相手を侮辱する暴言を吐いた疑いも持たれている。検察関係者は「被害者のほかにも、チェさんが暴言を吐いていたとの目撃者証言がある」と説明。事件を捜査したソウル永登浦警察署は昨年10月、起訴相当の意見を付し書類送検した。

これに対して所属事務所は31日、「警察の捜査に協力し、円満に解決しようとしているが、裁判を受けなければならないので、法廷で是々非々を問う」と対決姿勢を示している。

出演予定番組は欠番に

一方、今回の件を受けて、夫人のカン・ジュウンと一緒に出演を予定していたSBSバラエティー「同床異夢2」の初回登場分(2月4日)が欠番となることが決定した。今後の包装については「慎重に検討している。チェ・ミンスさん出演分の放送の可否と降板については現時点では決まっていない」としている。

チェ・ミンスは2008年、ソウル・梨泰院(イテウォン)で70代の高齢者に暴行を働いた容疑で警察に立件されたが、嫌疑なしで不起訴処分となった。2015年にはKBSテレビの番組収録中にプロデューサーを暴行し、番組を降板した。