ソンモ、SUPERNOVAに合流せず! ユナク「現時点では6人での活動は難しい」

超新星から生まれ変わったSUPERNOVAに合流するか否かが注目されていたソンモが、結局チームに参加しないことが23日、明らかとなった。SUPERNOVAのオフィシャルサイトにこの日、リーダーのユナクが代表する形でコメントを発表。「それぞれの意思を尊重した結果、苦渋の選択となりましたが 現時点では6人での活動は難しいという結論に至りました」と報告した。メンバー全員が兵役を終え、最後に除隊するソンモを待って6人での活動再開を期待していたMILKY(ファン)にとっては、とてもつらく残念な報告となってしまった。

苦渋の選択…心苦しい

ある程度は、こうなることを予想していたファンは多かった。だが、やはり現実となると動揺は隠せなかった。

事態を報告するメンバーのSNSには「頭が真っ白になった」「とてもつらい」など落胆する声があふれる一方、「これからも変わらず応援するよ」という温かいメッセージも多くみられた。ただ、こういう結論に至った経緯の説明を求めたり、厳しい言葉を投げつけるファンも。それだけ、6人での活動再開を待ち焦がれていたMILKYにとってはあまりにも辛いニュースだった。

この日、SUPERNOVAのオフィシャルサイトには、「いつも応援してくださっている皆様へ」と題するメッセージがアップされた。ユナクがチームを代表する形で、「昨年よりメンバー個々、6人での活動について誠心誠意時間をかけ話し合ってきました。それぞれの意思を尊重した結果、苦渋の選択となりましたが 現時点では6人での活動は難しいという結論に至りました」と報告した。続けて、「6人での活動を楽しみにしてくれていたファンの皆様には大変残念なご報告となってしまいとても心苦しいですが、ご理解いただきますようお願いいたします」とMILKYに呼びかけた。

日本デビュー10周年

2007年に超新星として韓国でデビュー。その後、2009年9月9日に「キミだけをずっと」で日本でデビューを果たすと、日本に留学した経験を持つユナクを筆頭に、メンバーそれぞれが一生懸命に日本語を覚え、ファンとコミュニケーションを図りながら確固たる人気を築いた。超新星としてシングル19枚、オリジナルアルバム7枚をリリースし、オリコンチャートの常連となったが、2011年10月のユナクを皮切りに、2014年にソンジェ、そして2016年にゴニル、ソンモ、グァンス&ジヒョクが相次いで入隊したため、完全体でのステージを見られる機会はなくなった。

それでもMILKYは6人での復活ステージを願い、待ち続けた。その期待が最高潮に達したのは昨年4月のソンモの除隊だった。MILKYたちは当然、6人での活動が再開すると思い、「やっと6人が揃った」と完全体の復活に歓喜した。同5月に開催した除隊記念ファンミーティングでもソンモは「超新星の第二幕を僕たちいろいろ準備しますので、これからも超新星よろしくお願いします」と6人での活動に前向きなコメントを残していた。

長時間の話し合いも

ところが…。

その後、どこかで歯車が狂い始める。何があったかは不明だが、関係者によると、実はソンモの合流は、昨夏の段階でかなり厳しい状況だったという。昨年7月末、ソウル市内に6人が集まり、今後についての話し合いの場を持った。その時、すでにユナク、ソンジェ、グァンス、ジヒョク、ゴニルは、それまで所属していたmaroo企画を離れ、ユナクを代表とするSV ENT設立に向けて動いていた。一方、ソンモはまだmarooに所属した状況だった。話し合いは6~7時間と長時間に及んだが、結局、6人で活動するとの結論は出なかったという。その後も話し合いは続き、双方が前向きに話し合っている旨のコメントを随時出していたが、話し合いは平行線をたどり、最終的に別々の道を歩むことになった。ユナクのコメントでは「現時点では」としているが、関係者は「現実的には6人に戻る可能性は限りなくゼロに近い」と指摘した。

お互いの活動を尊重

それでも、ユナクは「メンバーは、これからもお互いの活動を尊重し応援する気持ちに変わりはありません」とし、「グループとして今年日本デビュー10周年を迎えます。今まで以上にSUPERNOVAが皆様にたくさんの幸せをもたらせるよう、力を合わせて頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。そして、ソンモの活動も温かく見守って頂けましたら幸いです」と呼びかけた。一方のソンモもInstagramにメッセージを投稿。ユナクのコメントを引用した上で、「皆さんにご心配をおかけしてしまった分を取り返せるよう今まで以上に成長した姿をお見せできるよう頑張ります。これからも、今までと同様にSUPENOVAの活動を応援していただけると幸いです ソンモ」と5人にエールを送った。

ソンジェとグァンスもInstagramでコメント。ソンジェは「残念な知らせを伝えるようになって気が重いです 2007年から今まで、嬉しい事も、悲しいこともまた辛いこともありました。超新星を応援してくださったすべてのファンに心より感謝します。 切ないが 良かった記憶だけ 思い出として心の中にしまっておいてください」(原文ママ)と率直な思いを綴り、「 メンバー達皆各自の位置で頑張ります。Supernova そしてソンモたくさん 支持してください どうぞよろしくお願いします」と呼びかけた。

グァンスは「皆さんや僕達、メンバー皆が願っていた結果になれずにこのような結果しか言えなくて。。本当に2008年から支えてくださっているファンの皆さんにもしわけありません。。」(原文ママ)とまずは謝罪。その上で、「改名をしてからも、僕はずっと心の中で。。超新星って言う名を。。MIlKY WAYと言う名を、ずっと忘れられませんでした。。このような形になりましたが。。6人の超新星。。MIlKY WAYの皆さんと一緒だった僕達6人。。それをずっと忘れずに心に込めて、これからも、頑張ってやっていきます」と6人で超新星として活動したことに対する愛着を吐露した。最後に「本当に長い間に、皆さんに沢山、不安な気持ちや心配をさせてしまい、もう一度、もしわけありませんでした」と改めて謝罪し、「僕達、ソンモが選んだ道。。これからやっていく活動、皆さん。。応援、よろしくお願いします」と前を向いた。

関連記事一覧