防弾少年団(BTS)の映画が脅迫受け公開中止に!「チェチェン民族を侮辱」

防弾少年団(BTS)のツアーの様子を撮影したコンサート映画「LOVE YOURSELF」がイスラム教徒によるものとみられるネット上での脅迫を受け、ロシア南部チェチェン共和国の首都グロズヌイでの公開が取りやめとなり、チケットの販売が中止されたことが6日、明らかになった。ロシアのカフカス地方を中心としたニュースサイト「カフカススキー・ウゼル」の報道を受けて共同通信が報じた。防弾少年団を巡っては、メンバーが過去に原爆のきのこ雲がプリントされたTシャツを着用したり、ナチスの記章があしらわれた帽子をかぶるなどしていた過去が明らかになり、物議を醸した。

[s_ad]

原爆Tシャツ&ナチス帽着用に続き

報道によると映画はグロズヌイの映画館「キノスタル」で公開される予定だったが、ロシアのSNS「フ コンタクテ」で、「映画公開はチェチェン民族を侮辱するものだ」などとする書き込みが相次ぎ、同映画館は3日、Instagramでチケットの販売停止を公表した。

同じカフカス地方のダゲスタン共和国首都マハチカラでも、同様の脅迫があり、1月に予定された同映画の公開が中止されている。

チェチェンはイスラム教徒が多数を占める共和国で、ソ連崩壊に伴い独立を宣言、ロシア政府との紛争が続き、独立派によるテロも相次いだが最近は政情は比較的安定している。

同記事では具体的にどの場面がチェチェン民族を侮辱しているのか、どのような侮辱なのかなど具体的な部分については触れていない。

イスラム団体「BTSは同性愛者」

だが、先月28日のモスクワタイムズによると、自らを「道徳の守護者」と呼ぶイスラム団体のメンバーがInstagramなどを通じて「BTSは同性愛者であり、彼らが出演する映画を見に行く人々をただではおかない」と脅迫したことから上映を取り消すことにしたという。

ロシア内のBTSファンクラブの運営陣は「SNSで提起されている脅威が現実化するとは考えないが、不祥事が起こりうる小さな可能性さえ断つために劇場側と協議して映画の上映を取り消すことにした」と明らかにし、「映画の上映を要請した800人のダゲスタン内のBTSファンが、夢を叶えられなくなったことについて残念に思う」と付け加えた。

防弾少年団を巡っては、メンバーが過去に原爆のきのこ雲がプリントされたTシャツやナチスナの記章が入った帽子の着用したことが批判され、日本原水爆被害者団体協議会や米ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センターなどに対し謝罪に追い込まれる騒ぎも起きていた。