元超新星ソンモ、ミュージカル「三十歳の頃に」最終公演を前にファンに感謝「最後までがんばります」

元超新星ソンモのソンモが6日、主演ミュージカル「三十歳の頃に」の最終公演を前にInstagramを更新した。昨年12月28日に幕を開けた同ミュージカルで全15公演のうち8公演に主役のヒョンシク役(SUPER JUNIORのソンミンとWキャスト)を演じるソンモは、応援してくれたファンに感謝するとともに「最後までがんばりますので、今日の公演も楽しみにしてください!💖」と呼びかけた。

[s_ad]

SJソンミンらと競演

超新星改めSUPERNOVAとして活動するユナク、ソンジェ、グァンス、ジヒョク、ゴニルの5人に合流せず、ソロアーティストとしての活動するソンモが、年末年始にかけて熱演をしているミュージカルの最終公演を迎え、ファンにメッセージを送った。

ソンモはInstagramに、「[30歳の頃に]今日で最終日となりました。久しぶりに立つ舞台でしたので、足りないところもたくさんあったかと思いますが、皆さまからの応援のおかけで、無事に最後を迎えることができました」とこの10日間を振り返り、「応援してくださったファンのみなさんに一番感謝の気持ちを伝えたいです」と素直な思いを伝えた。

同ミュージカルは、韓国で大ブレイクしたミュージカルの日本初公演。現在を生きている中年の「僕」と、過去を生きている青年の「僕」。1998年と2018年、それぞれの主人公が経験する、違う「今」の話で、現在と過去が交差するところで、夢と愛を歌う。ソンモのほかSUPER JUNIORのソンミン、SS501のホ・ヨンセン、Block Bのユグォン、MYNAMEのセヨンらK-POP界の人気アーティストが出演した。

午後6時に開演する公演がいよいよラスト公演となるが、「私と出演者、スタッフ、みんな最後までがんばりますので、今日の公演も楽しみにしてください!💖」と意気込んでいる。