シン・ドンウク、9歳年下の漢方医と熱愛! スターとファンとして出会い恋人に発展

俳優シン・ドンウク(35)が9歳年下の漢方医と熱愛中であることが26日、分かった。

所属事務所関係者はこの日午前、TVDailyの取材に「シン・ドンウクが9歳年下の漢方医と熱愛中だ。スターとファンという立場で初めて出会い、今年初めから愛を育んでいる」と明かした。

関係者によると、彼女は地方勤務中だが、シン・ドンウクが長い間病魔と闘っている中、彼のそばを守りながら愛情を尽くしたという。

シン・ドンウクは、2010年複合性局所疼痛症候群(CRPS)の診断を受け、昨年MBC「番人」で復帰するまで7年に及ぶ空白期を持った。今年初めにはtvNドラマ「Live」で熱演を見せた。

彼が患っている病気は完治が可能な病気ではないが、現在の演技生活を続けることができるくらいに回復したいう。9月末にスタートするMBC新ドラマ「大長今(テジャングム)が見ている」に出演するなど活発な活動を続けて行く予定だ。。